2014年07月08日 久留米市野球場

福島vs大牟田北

2014年夏の大会 第96回選手権福岡大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

福島が延長戦を制し、2回戦進出!14人の大牟田北が大健闘!

 昨秋の福岡南部大会柳川を破り、ベスト16に進出、このも強豪・九産大九州に1対2と接戦を演じるなど力のある福島とベンチ入り選手14名の大牟田北の戦いは、1点を争う緊迫したものとなった。

 先制したのは大牟田北だった。先頭の1番阿部 虎太郎(2年)が安打で出塁。犠打で一死二塁にすると、3番古賀 雄介(2年)の右前安打で一死一、三塁に。ここで4番磯邊 凌央(3年)がきっちりと犠飛で放ち1点を先制する。

 すぐに同点に追いつきたい福島だったが、大牟田北の先発・田村 沙樹(2年)の前に得点を中々上げることができない。田村は171センチ62キロと小柄な左腕。速球は常時125キロ前後(最速128キロ)で、このストレートに加え、小さく切れるスライダー、カーブのコンビネーションで打者を打ち取っていく。特に素晴らしいのはアウトコースギリギリに決まるストレートで、この球を決め球として、次々と凡打を積み重ねていった。高校野球は左投手優位な世界なだけに、コントロールの良い左腕がいるのはかなり大きい。

 こうして1対0のまま5回を終えた。
グラウンド整備後に流れを変えたい福島は6回表、2番伊東 勇人(2年)の左前安打で出塁。その直後、牽制悪送球があり、伊東は一気に三塁へ。 そしてこのチャンスに3番牛島 聖弥(3年)が左前適時打放ちついに同点に追いつく。
更に4番高口 恭生(3年)の二塁強襲安打で、再び無死一、三塁とチャンスを作ると、その後、併殺の間にランナーが一人返り2対1と勝ち越しに成功した。

 このまま逃げ切りを図りたい福島。しかし8回裏、大牟田北は一死一、三塁のチャンスを作り、小宮 貴弘(3年)が右前適時打を放ち、2対2の同点に追いつく。試合はそのまま延長戦へ。

【次のページ】 福島vs大牟田北(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
第96回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
【関連記事】
福島商vs堀越【2019年 練習試合(交流試合)・夏】
エースを須藤を中心に堅実な野球は健在!聖光学院は悲願の「白河の関越え」を果たせるか? 【ニュース - コラム】
第28回 聖光学院(福島)【13年連続16度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
秋は東北大会に進出!「甲子園ベスト4」を目指す福島商(福島)の冬に迫る! 【ニュース - コラム】
第6回 福島商(福島)「選手一人一人が夏、春までの目標を真剣に考える」【冬が僕らを強くする2019】
第23回 県立湯本高等学校(福島)【冬が僕らを強くする2018】
第67回 光南高等学校(福島)【僕らの熱い夏2017】
聖心ウルスラvs福島【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
鵬翔vs福島【宮崎県 2016年夏の大会 第98回選手権宮崎大会】
都城vs福島【宮崎県 2016年 第63回宮崎県高等学校野球選手権大会県南地区予選】
第71回 県立大牟田北高等学校(福岡)【僕らの熱い夏2015】
宮崎北vs福島【宮崎県 2014年春の大会 第134回九州地区高校野球宮崎大会】
大牟田北 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
第96回福岡大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

大牟田北新たな挑戦!父 2014.07.10
素晴らしい試合をありがとう!
君の素晴らしいプレーに感動!感謝!
次にむかって頑張れ!応援するぞ!

応援メッセージを投稿する

福岡県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る