2013年07月08日 県営春日公園野球場

筑陽学園vs西南学院

2013年夏の大会 第95回選手権福岡大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1対0の投手戦を制した豪腕

 試合は投手戦となる。両投手ともに、素晴らしい素材だった。勝ち投手となった筑陽学園のエース右腕笹渕 塁嗣(2年)は、来年のドラフト候補に挙がりそうな逸材としてぜひピックアップしたい投手である。

 笹渕は、188センチの長身。下半身の太さは中々のモノ。日ごろから厳しく自分を追い込んでトレーニングをしているのだろう。セットポジションから始動し、左足を高々と上げていきながら、体を沈み込ませていき、左足の膝を送り出して踏み出している。踏み出した足が開かずに抑えることができている。テークバックの動きを見ると、右ひじを折りたたむようにしてテークバックを大きく取っていき、豪快に振り下ろす。
 最初は、フォームのバランスが合っていなかったためか、豪快なフォームの割に速球の勢いが合わなかった。しかし、2回以降からフォームのバランスが合致してきたのか、140キロ前後のスピードと角度を兼ね備えたストレート、スライダー、縦に落ちるスライダー、フォークと角度ある速球、縦の変化をつけた投球で、6回二死まで無安打に抑える投球を見せる。

 一方で西南学院の先発・松井孝介(2年)も好投。182センチ69キロと上背があり、肩肘も柔らかく、下半身の柔軟性もあり、体を沈み込ませ、柔軟な体重移動から、肘がしっかりと上がり、打者よりで球を離せる球持ちのよいフォームが魅力。球速は130キロ前後だが、スライダー、カーブ、スクリューを織り交ぜ、こちらも筑陽学園打線を無失点に抑える好投を見せる。

 投球もまとまっており、まだ体が細身であることを考えれば、体力がつけば面白い左腕だ。また、その素質以上に、試合に取り組む姿勢が魅力的。彼はベンチにいるときは、誰よりもナインに率先して声援を送っている。松井は、6回で降板するのだが、ベンチにいるときは先頭となってナインを出迎え、ハイタッチを繰り返していた。

 これは投手・野手との信頼関係を築く上で、大事なことである。能力はあっても、チームメイトに対して冷たい投手よりも、松井のようにナインにしっかりと溶け込んで気遣いができる投手。どちらが信頼関係を築けるかといったら松井のような投手であることは間違いないだろう。なんとしてでも援護してやろうという気持ちになる投手だった。

【次のページ】 筑陽学園vs西南学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今週末の九州開催2つの招待試合に注目!見どころは?西純矢vs福岡強豪!宮城大弥vs明石商 【ニュース - 高校野球関連】
20日開幕!18校が王者を争う九州大会の見所を紹介! 【ニュース - コラム】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
第867回 トーナメントで最も面白い準々決勝!激戦4試合のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
明石商vs大分【第91回選抜高等学校野球大会】
筑陽学園vs山梨学院 2【第91回選抜高等学校野球大会】
第11回 センバツで2試合連続マルチヒットの福岡大真(筑陽学園)!フルスイングを貫く理由【センバツ2019】
筑陽学園vs山梨学院【第91回選抜高等学校野球大会】
第863回 明豊vs札幌大谷など試合のレベルが一気にグレードアップ!大会7日目の見所!【大会展望・総括コラム】
筑陽学園vs福知山成美【第91回選抜高等学校野球大会】
第860回 広陵vs八戸学院光星が実現するなど見応えたっぷり!大会4日目の見所【大会展望・総括コラム】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
西南学院 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
第95回福岡大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

西南学院ありがとう!!ob 2013.07.10
最高の試合やった。松井、田原のバッテリーがよく配球が素晴らしかった!新チームにも期待している!

応援メッセージを投稿する

福岡県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る