2010年07月23日 西条ひうち球場

北宇和vs南宇和

2010年 夏の大会 第92回愛媛大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳



河野凌投手(北宇和)


北宇和、後半集中打で27年ぶり夏ベスト8!

最速143キロ、愛媛県内屈指のスピードボールを持つ右腕・上田 晃平(3年)を擁し、30年ぶりの愛媛代表を目指す南宇和
この試合でもその滑り出しは順調であった。先制点こそ許したものの、2回裏に7番・若本祐一の内野ゴロですぐに同点に追いつくと、4回には1死2塁から6番上田のショートゴロがエラーを誘い勝ち越し。上田も6回まで94球とやや投球数こそ多いものの、最速139キロを計測した直球を主体に5奪三振をマークするなど、中盤までは順調な投球を見せていた。

しかし、吉田茂雄監督率いる北宇和はそれでも全く慌てたそぶりを見せることはなかった。
なぜなら、南宇和とは同じ宇和島地区の近隣地に位置し「練習試合もやっていてよく知っていた」(森藤太陽主将)北宇和にとって、この展開は十分織り込みだったからである。

そして「始めから継投することは決めていた」(吉田監督)山口真(2年)の先発、5回から河野凌(3年)の投手リレーで最少得点差に抑えていた北宇和の努力は、終盤一気に実を結ぶ。7回表「力んでしまった」上田の制球難から3四球で1死満塁のチャンスをつかむと「1打席目から真っすぐを全部狙っていた」9番・河添雅彦がセンターにはじき返して2者を迎え入れ再逆転。雅彦の兄、1番・河添翔(3年)も連続タイムリーで続き、続く8回にも1点、9回には河添翔のこの日4打数4安打となるタイムリーなどで2点を加えて試合を決めた。

北宇和のベスト8は昭和58年(1983年)の第65回大会以来、実に27年ぶり8回目の快挙。準々決勝の相手は強敵の済美であるが、この日成し遂げた快心の勝利で「今年は打撃力があって投手もそろっていたので、ある程度やれると思っていたが、この試合で頂点を狙うことが意識できるようになってきた」吉田監督と選手たちの夢はふくらむばかりだ。

(文=寺下 友徳




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋の令和初代愛媛頂点へ! 秋季愛媛県高校野球大会地区予選組み合わせ決まる【秋季愛媛県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
「連合チーム」の2番手が、最後の夏に急成長!北宇和の最速139キロ右腕・大野 恭平に注目 【ニュース - コラム】
第53回 四国の「隠し玉高校球児」その3 ~坊っちゃん開幕戦に降り立つ 北宇和の剛腕~【四国発】
第793回 秋季愛媛県大会展望!「本命不在」大会を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第734回 「今を生きる」皆様に感謝と元気を持って 愛媛の夏が開幕!!【大会展望・総括コラム】
第85回 松山商と今治西が歴史を作り新興の済美が躍進し松山聖陵が追随【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
済美vs宇和・北宇和・三瓶連合【愛媛県 2018年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
済美vs南宇和【愛媛県 2013愛媛県野球フェスティバル1年生大会優勝校交流戦】
北条vs南宇和【愛媛県 2013年 平成25年度春季愛媛県大会】
南宇和vs宇和島東【愛媛県 2010年 宇和島地区高等学校野球大会】
北宇和 【高校別データ】
南宇和 【高校別データ】
第92回愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る