2010年07月23日 西条ひうち球場

済美vs東温

2010年夏の大会 第92回愛媛大会 3回戦

一覧へ戻る



高岸宏行投手(済美3年)

済美、3年ぶり夏甲子園へ前途洋洋の連続コールド勝ち!

1回裏、「試合間隔が開いたので初戦と思ってやった」。(上甲正典監督)
第3シードの済美東温先発・清水賢宏(3年)が与えた連続四球でつかんだチャンスに、3番・喜井達郎が左中間を深々と破る2塁打で先制。さらに鈴木貴也(3年)の連続2塁打など打者10人の猛攻で初回に一挙6点、続く3回にも2番・臼井凌海(3年)による満塁走者一掃の3塁打などで5得点と10安打で14得点という効率のよい攻めにより5回コールドで東温を撃破した。

これで済美は7年連続での夏ベスト8入り。試合後、名将は「(先発で3回を2四球の)鈴木はもう少しコントロールをしっかりしてほしい。(5回2死から2失点した)高岸宏行(3年)が高めのボールを合わされたのは、ボールが死んでいる証拠」と投手陣に釘をさすことを忘れなかったが、それでも7回コールドで新居浜東を下した2回戦に続き、3年ぶり夏甲子園に向けて前途洋洋の試合が続いていることに変わりはない。

(文=寺下 友徳




PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。