2020年10月03日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

聖カタリナ学園vs小松

2020年秋の大会 愛媛県秋季大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

聖カタリナ学園、エースと4番の大活躍で2年ぶり秋季四国大会へ!



小松戦で高校初アーチ含む4打数3安打4打点と爆発した聖カタリナ学園4番・川口-翔大(2年・遊撃手)

  「エースと4番が仕事をすればチームは負けない」

 古き時代から今に至るまでカテゴリーを問わない野球界の黄金則。そして、まさにこの試合における聖カタリナ学園がそうだった。

 まず魅せたのは4番の川口 翔大(2年・遊撃手・右投左打・174センチ68キロ・松山中央ボーイズ出身)。1回裏に「甘く入ったストレート」を振り抜き、高校初アーチとは思えない弾丸ライナー先制2ランをライトスタンド中段に突き刺すと、「1本では満足できなかった」と2・3打席目もタイムリーを放ち3安打4打点。「櫻井が頑張っていたので助けたかった」川口の想いは打線にも伝播。毎回出塁の13安打と終始、2年連続四国大会出場を狙った小松を圧倒した。

 そのエース・櫻井 頼之介(2年・右投右打・170センチ58キロ・尼崎ボーイズ<兵庫>出身)の出来も素晴らしいものだった。自責点0での124球4安打2四球10奪三振1失点完投勝利という数字もさることながら、「打たせて取ることを心がけた中で三振が取れたことがよかった」と当人も振り返ったように、「最遅」91キロのスローカーブから最速142キロのストレートまで様々な球速帯のボールを自在に操ったクレバーさは、四国大会の舞台でも必ず通用することだろう。

 かつ小松への研究も十分。聖カタリナ学園は「守備のポジショニングは練習の時から相手を想定して確認していました。特に外野は完璧。よかったです」と選手の司令塔たる主将・小澤 武門(2年)が明かした姿勢を貫き、2年前は初戦敗退に終わった四国大会での「頂点獲得=初センバツ・初甲子園」を果敢に倣っていく。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
聖カタリナ学園vs小松【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs聖カタリナ学園【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
エース・代木が29イニング連続無失点中の明徳義塾など四国4強が激突!1日に頂点決まる 【ニュース - 高校野球関連】
聖カタリナ学園vs高松商【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
小松vs藤井学園寒川【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
小松vs鳴門渦潮【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
キーワードは準決勝までの「勢い」と「経験値」 秋季四国大会を徹底展望! 【ニュース - コラム】
第1029回 【秋季四国大会展望】キーワードは準決勝までの「勢い」と「経験値」【大会展望・総括コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第983回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・後編】【大会展望・総括コラム】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
聖カタリナ学園 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
令和2年度(第73回)秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

聖カタリナ学園ここで満足するなカタリナ学生OB 2020.10.05
カタリナがここまで強くなるとは思わなかった、。
ただただ「すごい」の言葉に尽きる。
でも、ここで満足せず全力投球で四国一を目指してほしい。頑張れ!聖カタリナ学園高校!
聖カタリナ学園ガムシャラにカタリナファン 2020.09.29
行くぞ四国!行くぞ神宮!
小松準決勝小松高校野球部OB 2020.09.28
カタリナの好投手から点が取れれば勝機も見えてくると思います。
何とか勝ちきって、頂点を目指してください。

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る