2019年10月12日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs小松

2019年秋の大会 愛媛県秋季大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

これぞ「ホームランアーチスト」!済美・山田 響の3ランで7年ぶり4度目の大会V!



2回裏済美3番山田 響(3年主将・左翼手)が二死一・三塁から左中間3ラン

 台風19号に源を発するホームからセンター・レフト方向への強風の影響もあり、小松8安打(うち二塁打2本・本塁打2本<7番・8番の二者連続>)、済美17安打(うち二塁打6本・本塁打1本)という乱戦になった決勝戦。ただ、このアーチは風関係なしだった。2回裏・1点先制後に二死一・三塁から済美3番・山田 響(2年主将・170センチ75キロ・右投右打・新居浜ヤングスワローズ出身)が放った高校通算28本目となる3ランである。

 このホームラン、左中間最深部中段まで運んだパワーもさることながら、特筆すべきは技術力の高さ。先週の練習において中矢 太監督が仕掛けた「これまでと異なりフルスイングをしない練習に取り組んできた」小松投手陣攻略の謎かけに対し、山田は「以前のすり足にしてトップをまずは作る」ことで解決。さらに相手投手の内角低めに食い込んでくるチェンジアップに対し「我慢して捉えてから押し込む」イメージでバットの先から振りぬいてみせた。この試合、山田は5打数3安打5打点で済美の7年ぶり4度目の大会制覇に大きく貢献。準決勝までは14打数4安打4打点とややタイミングに悩んでいる様もあったが、これで秋季四国大会には万全で臨めそうである。

 

 「愛媛県の代表として甲子園は目標にしているが、まずは一戦一戦。その前にあいさつ、礼儀をもう一度見直してやっていたい」と表彰式後には主将としての意気も話した山田。その先に広がるのは自身1年夏以来の甲子園と、安樂 智大(東北楽天ゴールデンイーグルス)が2年だった2013年以来7年ぶりのセンバツに「ホームランアーチスト」として見参することだ。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
秋季四国大会ベスト8 夏の甲子園初出場を狙う新田(愛媛)の冬に迫る! 【ニュース - コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
明徳義塾vs小松【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第983回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・後編】【大会展望・総括コラム】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs新田【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
拓大一vs都立小松川【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
松山聖陵vs小松【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
小松 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
令和元年度(第72回)秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る