2019年10月05日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs帝京第五

2019年秋の大会 愛媛県秋季大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

済美が3年ぶり10度目の秋季四国大会出場を決める



6回裏済美二死満塁から1番・山本 竜介(2年・中堅手)が2点適時打を放つ

 序盤の主導権を握ったのは昨年の大会覇者・帝京第五。初回に相手先発の乱れを突き、二死二・三塁から5番・片山 維(2年・投手・176センチ76キロ・右投右打・五條ボーイズ<奈良>出身)の左前打で先制すると、3回表には一死二塁から4番・西田 佑崇(2年・左翼手・177センチ78キロ・新居浜ヤングスワローズ出身)の左越二塁打で2点目。

 片山と山崎 太陽(1年・捕手・185センチ67キロ・右投右打・羽村リトルシニア<東京>出身)のバッテリーも初回こそ二死二・三塁から済美5番・矢野 泰二郎(2年・捕手・177センチ82キロ・右投右打・妻女ボーイズ出身)に適時打を浴びたものの、最速137キロのストレートと、110キロ台のチェンジアップ、スライダー、100キロを切るカーブを有効活用。「タイミングを外すように」という小林 昭則監督の指示を守って3イニング0を並べた。

 しかし、上位に機動力あふれる打線をそろえる済美は中盤に反撃。5回裏一死二・三塁から「ファウルで粘り必死に食らいつく意識で入った」2番・泉内 匠之介(2年・右翼手・175センチ71キロ・右投左打・松山市立久谷中出身)の中前打で逆転すると、続く6回裏にも二死満塁から1番・山本 竜介(2年・中堅手・184センチ78キロ・松山市立椿中出身)が「インパクトだけに力を込めるようにした」遊撃手横を破る2点適時打で突き放した。

 帝京第五も8回表一死二・三塁から7番・中村 陸(1年・三塁手・170センチ68キロ・ヤング阿南シティーホープ<徳島>出身)の中前適時打で1点を返したが、反撃もそこまで。終わってみれば4安打で5点を奪う試合巧者ぶりと2番手・林 優斗(1年・181センチ86キロ・右投右打・鳴門市大麻中<徳島>出身)の粘投、そして「実は先発も考えていた」(中矢 太監督)水田 翔大(1年・右投右打・166センチ59キロ・高知市立青柳中出身)の好リリーフが光った済美が3年ぶり10度目の秋季四国大会出場を決めた。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
松坂が埼玉西武に復帰して夏の甲子園優勝投手は何人?NPBに在籍している甲子園優勝投手は19名 【ニュース - 高校野球関連】
秋の四国を制するのはどこだ?秋季四国大会が本日開幕!【秋季四国大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
令和元年度(第72回)秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る