2019年10月05日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs帝京第五

2019年秋の大会 愛媛県秋季大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

済美が3年ぶり10度目の秋季四国大会出場を決める



6回裏済美二死満塁から1番・山本 竜介(2年・中堅手)が2点適時打を放つ

 序盤の主導権を握ったのは昨年の大会覇者・帝京第五。初回に相手先発の乱れを突き、二死二・三塁から5番・片山 維(2年・投手・176センチ76キロ・右投右打・五條ボーイズ<奈良>出身)の左前打で先制すると、3回表には一死二塁から4番・西田 佑崇(2年・左翼手・177センチ78キロ・新居浜ヤングスワローズ出身)の左越二塁打で2点目。

 片山と山崎 太陽(1年・捕手・185センチ67キロ・右投右打・羽村リトルシニア<東京>出身)のバッテリーも初回こそ二死二・三塁から済美5番・矢野 泰二郎(2年・捕手・177センチ82キロ・右投右打・妻女ボーイズ出身)に適時打を浴びたものの、最速137キロのストレートと、110キロ台のチェンジアップ、スライダー、100キロを切るカーブを有効活用。「タイミングを外すように」という小林 昭則監督の指示を守って3イニング0を並べた。

 しかし、上位に機動力あふれる打線をそろえる済美は中盤に反撃。5回裏一死二・三塁から「ファウルで粘り必死に食らいつく意識で入った」2番・泉内 匠之介(2年・右翼手・175センチ71キロ・右投左打・松山市立久谷中出身)の中前打で逆転すると、続く6回裏にも二死満塁から1番・山本 竜介(2年・中堅手・184センチ78キロ・松山市立椿中出身)が「インパクトだけに力を込めるようにした」遊撃手横を破る2点適時打で突き放した。

 帝京第五も8回表一死二・三塁から7番・中村 陸(1年・三塁手・170センチ68キロ・ヤング阿南シティーホープ<徳島>出身)の中前適時打で1点を返したが、反撃もそこまで。終わってみれば4安打で5点を奪う試合巧者ぶりと2番手・林 優斗(1年・181センチ86キロ・右投右打・鳴門市大麻中<徳島>出身)の粘投、そして「実は先発も考えていた」(中矢 太監督)水田 翔大(1年・右投右打・166センチ59キロ・高知市立青柳中出身)の好リリーフが光った済美が3年ぶり10度目の秋季四国大会出場を決めた。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
済美と新田が安定した戦いで初戦突破!13日の1回戦の2試合をレポート!【秋季愛媛県大会・地区予選】 【ニュース - 高校野球関連】
済美vs東温【愛媛県 2020年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
怪我を乗り越え完全覚醒へ。剛速球で打者を圧倒した剛腕・安樂 智大の最後の夏 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
令和元年度(第72回)秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る