2019年07月29日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

松山聖陵vs小松

2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

松山聖陵、4試合連続コールド勝ちで決勝へ



8回118球7安打1四球9奪三振2失点完投の松山聖陵・平安山 陽(2年) 写真提供:Ehime Photo Sports

 試合の主導権を握ったのは3年ぶりの2度目の夏、春夏連続甲子園を目指す第1シード・松山聖陵だった。1回裏一死満塁から高校通算13本塁打の5番・大村 侑希(3年・左翼手・185センチ84キロ・右投右打・松山市立雄新中出身)が「試合前にみんなで映像を見ている」と話した試合前コメント通り、小松先発左腕・明石 尚輝(3年・173センチ79キロ・左投左打・今治市立伯方中出身)の高めに浮いたストレートを左翼線に運び2点を先制すると、4回裏には二死一・三塁から2番・市川 尚輝(3年・右翼手・177センチ70キロ・右投左打・松山市立高浜中出身)の遊撃手背後に落とす安打と、3番・折田 玲(3年・中堅手・171センチ68キロ・美蹴館ヤング<兵庫>出身)の中越三塁打で3点を追加する。

 そんな松山聖陵打線の援護に最速142キロ右腕・平安山 陽(2年・177センチ80キロ・右投右打・名護市立大宮中<沖縄>出身)も完ぺきにシンクロする。この日は最速141キロ・常時130キロ後半をマークしたストレートと宝刀スライダーに加えチェンジアップや「左打者に逃げるボールが欲しかったので、夏を前に覚えた」130キロ前半のツーシームもコースに決まり7回までに9奪三振。これには4球団が詰めかけたNPBスカウト陣からも「コントロールがいいし、2年生としては十分」との声が漏れていた。

 一方、5年ぶり2度目の夏甲子園を目指した小松は8回表二死一・二塁から4番・永易 愛士(3年・中堅手・177センチ76キロ・右投右打・新居浜市立川東中出身)が左越2点二塁打を放ち意地を見せたが、その裏には4回裏二死から無失点を続けてきた2番手・福中 偉武紀(3年・180センチ72キロ・右投右打・ヤング佐用スターズ<兵庫>出身)が力尽き4失点。最後は二死満塁から「僕は福中と中学時代によく対戦していたし、彼がインコースを突いてくると思っていたのでそこを狙って振りぬいた」折田の右翼線走者一掃三塁打により8回コールド勝ちを収めた松山聖陵が、大会初登場の2回戦から準決勝までの4試合をすべてコールドで決勝戦へと駒を進めた。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立小松川vs都立広尾【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
県立高松商(香川) 結束のキーワードは監督発信の『あの』ポーズ! 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 覚醒間近!2020春に推したい四国の4名それぞれの魅力はどこにあるのか【センバツ2020】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
明徳義塾vs小松【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs新田【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
新田vs松山聖陵【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
小松 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

松山聖陵松山聖陵 あと1勝!大輝 2019.07.29
春夏連覇!
精一杯頑張って下さい。愛知県から皆で応援してます!!
小松頑張れ小松‼️小松高校野球部OB 2019.07.28
今年の小松は接戦をものにする、とても良いチームに仕上がってますね。守備からリズムを作り、粘り強く頑張って下さい‼️
ここまで来たら気持ちです‼️

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る