2019年04月03日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

今治西vs宇和島東

2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

今治西、投打にスキなしで決勝進出!



宇和島東の先発・土居 毅人(2年)

 試合は宇和島東のサプライズから始まる。野村から異動、4月2日から指揮を執る長瀧 剛監督が「連戦にもなるのでコーチとも話をした上で、一番今治西に見られていない投手として」先発マウンドに送り込んだのは、今大会は南予地区代表決定戦リリーフ1イニング登板のみの土居 毅人(2年・右投右打・175センチ58キロ・宇和島市立城東中出身)。今季、千葉ロッテマリーンズに入団した土居 豪人(松山聖陵卒)の実弟である彼は、スリークォーター気味のフォームから最速137キロを記録。豊かな将来性の一端をのぞかせる。

 ただ、昨秋県大会では準決勝まで順調に歩みを進めながら帝京第五松山聖陵に連敗し、センバツへの道を断たれた今治西の執念に揺るぎはなかった。「土居くんの先発は予想はしていなかったが、低めだけを振らないように指示をして」(大野 康哉監督)た結果、2回表一死二・三塁から「つないでいく意識で打った」1番・今村 蓮(3年・二塁手・170センチ63キロ・右投左打・伊予三島リトルシニア出身)の右前2点打で先制。

 続く3回表には四球と2犠打でつかんだ二死三塁から7番・立石 武蔵(3年・左翼手・178センチ68キロ・右投左打・豊中リトルシニア<大阪>出身)の遊撃内野安打で追加点。さらに4回表には「コースに逆らわず打った」2番・山本 英錬(2年・中堅手・170センチ68キロ・左投左打・松山リトルシニア出身)の右犠飛と4番・深川 拓人(3年主将・右翼手・165センチ70キロ・右投左打・今治中央ボーイズ出身)の右前適時打で計4点を奪い試合を決めた。

 投げても左手有鈎骨骨折から1ヶ月前に復帰した村上 滉典(3年・171センチ63キロ・左投左打・西条市立東予東中出身)が最速135キロながら連投を頭に入れスライダーを多めに使った投球を展開。7回8奪三振1失点で7回コールド勝ちの流れを作った今治西は、秋の壁だった準決勝を超え、6年ぶりに決勝戦へと駒を進めた。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
森木 大智や代木 大和など期待の一年生が続々出場!1回戦4試合を徹底レポート!【春季四国大会】 【ニュース - 高校野球関連】
富岡西vs今治西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾がコールド!松山聖陵は6点差をひっくり返してベスト4へ!【春季四国大会・3日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第893回 「令和最初」の地区王者目指し 坊っちゃんスタジアムが熱く燃える!【大会展望・総括コラム】
第43回 元MLBプレーヤー岩村 明憲さんが語る、令和に移っても「忘れてはいけないこと」【四国発】
今治西vs八幡浜【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
第825回 「対県内」を「対四国・全国」へ押し上げろ 秋季愛媛県大会総括【大会展望・総括コラム】
西条vs宇和島東【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会】
今治西vs松山東【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第793回 秋季愛媛県大会展望!「本命不在」大会を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
今治西vs宇和島東【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
今治西 【高校別データ】
宇和島東 【高校別データ】
2019年度 春季四国地区高等学校野球 愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る