2019年03月30日 西条ひうち球場

帝京第五vs三島

2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

帝京第五、三島の強打を脚と頭脳で封じる!



先発して好投を見せた坂本優樹(帝京第五)

 昨秋の愛媛県大会を初制覇した帝京第五の巧みな試合運びが光った。相手は東予地区予選で川之江に対し「同じ四国中央市のライバルに対し闘志を出してくれて」(宮崎 修一監督)10得点で7回コールド勝ちの三島。続く今治東も18得点と勢いに乗る相手に対し、帝京第五・髙谷 学監督は先発投手に「調子のいい」右サイド・坂本 優樹(3年・右投右打・169センチ68キロ・東京練馬ボーイズ<東京>出身)を指名した。

 さらに帝京第五川之江戦で最速139キロをマークした三島の右スリークォーター・石川 皓裕(3年・177センチ72キロ・右投右打・伊予三島リトルシニア出身)に対しては「タイプ的に緩いカーブはない」とスピードボールとスライダー対策を準備。これに持ち味である脚力を掛け合わせたことにより、彼らは三島の力を大きく削ぐことに成功したのである。 

 その強い意志は序盤の攻撃に如実に表れる。初回は二死後、右前打で出塁した3番・豊留 輝将(3年主将・三塁手・右投右打・169センチ70キロ・東淀川ブラックジャガーズ<大阪・軟式>出身)が4番・若宮 大聖(3年・左翼手・右投右打・180センチ72キロ・宇和島ボーイズ出身)の右中間安打で外野手の連携が取れない間に一気に生還。

 3点先制への流れを作ると、2回表は1番・迫間 祥平(3年・遊撃手・右投右打・174センチ68キロ・京都ヤングフレンド<京都>出身)・豊留・若宮の盗塁を絡め、四国選抜オーストラリア遠征メンバーの5番・谷本 陸(3年・右翼手・左投左打・166センチ69キロ・内子町立五十崎中出身)の適時打などで7対0として試合の趨勢をほぼ決めたのである。

 帝京第五・片岡 大吾(3年・捕手・右投左打・174センチ69キロ・東京練馬ボーイズ<東京>出身)のリードも心憎かった。「初回は様子を見て内外角に配球し、ストレートに差し込まれているのを見て3回からはストレートを多めにした」リードで三島打線を6安打3点のみに防ぐことに成功。そして片岡らチームメイトはある誓いを今大会秘めている。優勝した時にのみ達成できることとは……。それはその時に記すとしよう。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
済美・山田 響の3ランで7年ぶり4度目の大会V!2試合を徹底レポート!【秋季愛媛県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松、新田との死闘を制し2年ぶり3度目の秋季四国大会へ 準決勝2試合を徹底レポート!【秋季愛媛県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
駿河総合vs三島南【静岡県 2019年夏の大会 第101回選手権静岡大会】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
第29回 2019年「四国発」で飛躍期す大本 将吾(福岡ソフトバンクホークス)【四国発】
第825回 「対県内」を「対四国・全国」へ押し上げろ 秋季愛媛県大会総括【大会展望・総括コラム】
富岡西vs帝京第五【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
今治北大三島vs上浮穴【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
帝京第五 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
2019年度 春季四国地区高等学校野球 愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る