2019年03月22日 坊っちゃんスタジアム

新田vs松山工

2019年春の大会 愛媛県春季大会中予地区予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

新田、着々取り組む「夏・初甲子園」への布石



新田先発・松浦 堅大(3年)

 まずは敗れた松山工から触れていこう。この試合では「けが人が多くて満身創痍だった」と皿海 拓生監督が悔いる中、5番の朝比奈 幸司(3年・遊撃手・右投左打・169センチ57キロ・東温市立重信中出身)は対左腕をまったく苦にせずチーム唯一長打込みのマルチ安打。昨秋に続き改めてバットコントロールの確かさを証明した。周辺の情報を総合すると新年度から松山工の指導陣は新体制で臨むことになりそうだが、最速138キロ右腕の中村 左京(3年・168センチ72キロ・右投右打・松山市立久米中出身)を含め、各選手がいままで学んだことをさらに発展させ、ぜひ夏には成果を残してもらいたい。

 対する新田は「ゲームに対する勝ちへの貪欲さを出しながら、一皮二皮高めていければ」と岡田 茂雄監督も試合後語ったように、新たな可能性を見出そうとする選手起用が目についた。打線では下級生時代は俊足がウリだった大判 球太(3年・左翼手・右投左打・176センチ72キロ・新居浜リトルシニア出身)は冬場で伸びた飛距離を活かすべく4番で起用。昨秋からスタメンの約半数が入れ替わった。

 また、投手陣も最速138キロ右腕・渡部 凱斗(2年・178センチ65キロ・松山ボーイズ出身)の登板は避け、変則左腕・松浦 堅大(3年・左投左打・168センチ70キロ・松山市立高浜中出身)の連投スタミナと二塁送球1.9秒台の地肩を持つ吉川 晋平(3年・捕手・右投左打・169センチ71キロ・松山中央ボーイズ出身)とのバッテリー相性を長いイニングでテスト。松浦は7回96球7安打無四球6奪三振無失点で、先発でも適正のあるところを見せ付けている。

 

 もはや「えひめ野球の七不思議」と言ってもよい新田の夏甲子園未出場だが、現状での選手層はセンバツ出場の松山聖陵と同等か、それを上回るのは誰もが認めるところ。1947年の創部以来、72年の時を超えての「初・夏甲子園」へ。その布石は着々と整っている。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園歴史館で企画展、熱戦のセンバツ~伝統校の軌跡と旋風校の奇跡~が開催! 【ニュース - 高校野球関連】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第60回 選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」【四国発】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs新田【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
東京実vs都立足立新田【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
新田vs松山聖陵【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
都立雪谷vs都立足立新田【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
新田 【高校別データ】
松山工 【高校別データ】
2019年度 春季四国地区高等学校野球 愛媛県大会 中予地区 【大会別データ】
2019年度 春季四国地区高等学校野球 愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る