2018年07月27日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs新田

2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

済美、特大2発で新田の悲願を打ち破る!

 衝撃の明徳義塾敗退含め、第1シード校が4県ともに甲子園に進めなかった大波乱の四国地区・第100回全国高等学校野球選手権記念大会もいよいよ最終日。香川県37試合・徳島県30試合、高知県27試合、愛媛県58試合のフィナーレを飾る152試合目・愛媛大会決勝戦はセンバツは2回出場も夏はいまだ甲子園出場がない新田と、2年連続の甲子園出場へ王手をかけた済美との間で行われた。

 

 試合は両エースの素晴らしいピッチングでテンポよく進行する。済美山口 直哉(3年・171センチ64キロ・右投左打・南あわじ市立三原中出身)が130キロ中盤のストレートを使いながら打たせて取る内容に徹すれば、新田・田井 惣士(3年主将・178センチ75キロ・東温市立川内中出身)は春先に済美から14三振を奪った練習試合のイメージそのままに縦スライダーを駆使して3回まで3連続含む6奪三振。4回表まではきれいに0が7個並んだ。

 

 とはいえ、酷暑の連戦は投手戦の継続を許してはくれなかった。4回裏・一死二塁から済美6番・山口 直哉が中越先制二塁打を放つと、試合は一気に動き始める。さらに済美は5回裏に無死満塁とすると、3番・芦谷 泰雅(2年・捕手・169センチ73キロ・右投右打・伊予三島リトルシニア出身)が肩口からのスライダーを完ぺきにとらえ左翼ポール際へ突き刺すグランドスラム。一方の新田も6回表、連打と犠打で得た一死二・三塁から3番・川﨑 大悠(3年・二塁手・170センチ72キロ・右投左打・伊予三島リトルシニア出身)が二塁手頭上を鋭く破る2点適時打を放ち5対2。試合は様相を変えながら再び接戦に入るかと思われた。

 

 しかし6回裏、済美の4番・池内 優一主将が新田の夢を打ち砕く。二死一・二塁から池内 優一(3年・三塁手・右投右打・180センチ82キロ・今治中央ボーイズ出身)の打球はぐんぐん伸びてバックスクリーン中段へ。2012年秋・当時丹原1年の越智 達矢(現:明治大4年・侍ジャパン大学代表)以来となる「坊っちゃんスタジアムバックスクリーン弾」は済美の2連覇を約束するものとなった。

 

 済美・山口は最終回に二死から満塁のピンチを招くが、最後の打者を遊ゴロに仕留め7安打2失点完投。「甲子園で勝つために」を常に掲げて練習に励む済美は、昨年の2勝以上=ベスト8以上を目指して再び約束の地へと戻る。

  

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園歴史館で企画展、熱戦のセンバツ~伝統校の軌跡と旋風校の奇跡~が開催! 【ニュース - 高校野球関連】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第60回 選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」【四国発】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs新田【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
東京実vs都立足立新田【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
新田 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念 愛媛大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る