2018年07月12日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

川之石vs西条農

2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

川之石の「忠実」、西条農の「意地」

 「引き付けて、センター中心」。1時間44分の試合中、1時間以上はこのような光景が繰り広げられた。投手の生命線である「アウトロー」を、この日も始球式で体現した1967年夏の甲子園決勝戦・三沢(青森)との延長18回引き分け再試合・全国制覇時のエース・井上 明さん(松山商OB)と同じく、川之石打線は基本へ忠実に14安打16得点を奪ってみせた。

 

 加えて2三塁打含む3安打で6打点のリードオフマン・濵本 直孝(3年主将・遊撃手・右投右打・164センチ52キロ・伊方町立伊方中出身)など技術力のある選手も複数おり、右サイドのエース・岩城 大聖(3年・右投右打・177センチ61キロ・八幡浜市立八代中出身)も休養十分。次戦第3シードから連覇を狙う済美相手に、彼らが「忠実に」どのような戦いをできるか注目したい。

 

 対する西条農の「意地」も見事だった。打者ごとに守備位置を変え、4回表には三直併殺を奪うなどまずは守備で研究の成果を見せると、その裏には先頭打者の4番・桂 良真(3年・中堅手・179センチ68キロ・右投右打・西条市立西条西中出身)が目の覚めるような中越三塁打。一死後、6番・伊藤 翔(1年・投手・右投右打・167センチ58キロ・新居浜市立東中出身)の左前適時打につなげると、1対16で迎えた5回裏二死二・三塁でも右前に落とす執念の2点打。3番主将の文野 凌輔(3年・捕手・167センチ57キロ・西条市立西条北中出身)は試合後もひとしきりグラウンドを見つめ涙に暮れていたが、3年生4選手、マネージャー2人の2年半の集大成は、十分に見えていた。

 

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
21世紀枠は2013年以来の4枠に!当時出場していた高校は? 【ニュース - 高校野球関連】
丹原vs川之石【愛媛県 2020年秋の大会 愛媛県秋季大会】
広島商が戦前から広島の高校野球をリード。実績を残す広島の伝統公立校を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
広陵vs西条農【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第662回 王者・広島新庄が優勝 広陵、瀬戸内がノーシードに回り、夏は混とんしたものに【大会展望・総括コラム】
第534回 【広島展望】夏3連覇を狙う広島新庄、3年ぶり出場を目指す広陵など伝統校の熱い戦いに注目!【大会展望・総括コラム】
第87回 広島県立西条農業高等学校(広島)【僕らの熱い夏2016】
川之石vs北条【愛媛県 2012年 平成24年度春季愛媛県大会】
宇和島東vs川之石【愛媛県 2011年 平成23年度秋季愛媛県大会】
上浮穴vs西条農【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
川之石 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念 愛媛大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る