2018年04月02日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs宇和島東

2018年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

宇和島東「タレント」と「勢い」のその先へ



3番主将・橋本 玲(宇和島東)

 二塁送球1.9秒台を誇る四国屈指の強肩捕手・上甲 凌太(3年・右投左打・180センチ70キロ・西予市立宇和中出身)。最速138キロの内田 健太(3年・左投左打・180センチ67キロ・西予市立宇和中出身)と、スタミナ抜群の菊池 来樹(3年・左投右打・178センチ82キロ)との左腕2枚看板。3番主将の橋本 玲(3年・中堅手・左投左打・170センチ66キロ・松山坊っちゃんボーイズ出身)をはじめ、パンチ力に優れる打線。加えてこの試合では県大会から追加登録され、180センチ前後の身長から最速133キロを投じた2年生右腕・村上 裕一郎(2年・八幡浜市立保内中出身)という面白い素材も出現。宇和島東には県内公立校では群を抜くタレントが備わっている。

 この春はそんなタレントたちが躍動し、準々決勝・今治西戦での逆転勝ち含め南予地区予選・県大会での3試合で26得点2失点と圧倒的な打力・投手力を発揮した彼ら。9回表に今大会初のリリーフ登板となった内田が振るわず一気に突き放された準決勝でも、6回裏には7番・藤堂 定成(3年・一塁手・右投左打・170センチ66キロ・宇和島市立城南中出身)の右中間三塁打、8番・薬師寺 正竜(3年・三塁手・右投左打・168センチ75キロ・宇和島市立吉田中出身)の左前適時打で1点を返すなど、勢いの一端は見せた。

 試合後、宇和島東・若藤 太監督は言う。「試合前半のバント失敗や犠飛や併殺崩れで取れると思っていた8回裏の無死満塁で無得点に終わったのが痛かった」。勢いと表裏一体になる「粗さ」。「試合前日に無死満塁での攻防練習をしていた」(中矢 太監督)済美との準備の差が、この試合では浮き彫りになった格好。この敗戦により夏の愛媛大会ではノーシードスタートが確定したものの、宇和島東の側から見れば敗戦の中で課題ははっきりとしている。

 ということは、他にはないタレントをベースに、勢いを制御できるようになれば……。8年ぶり9回目の夏甲子園は十分手の届くところにあるはずだ。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新居浜商が「超素材コンビ」の活躍で済美を撃破!2試合の様子を徹底レポート!【新居浜商業創立60周年記念招待試合】 【ニュース - 高校野球関連】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
松坂、藤浪....平成の高校野球を彩った怪物投手を一挙紹介! 【ニュース - コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第43回 元MLBプレーヤー岩村 明憲さんが語る、令和に移っても「忘れてはいけないこと」【四国発】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
今治西vs宇和島東【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
西条vs宇和島東【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
宇和島東 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
平成30年度 春季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る