2018年04月03日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

聖カタリナ学園vs済美

2018年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

創部3年目・聖カタリナ学園「絆の野球」で県タイトル初戴冠!



県大会初優勝を決めた聖カタリナ学園・入江 寛太(3年・投手)と大森 貴仁(3年・捕手)が抱き合う
 

 2018年4月3日・12時30分。「5-4-3」の併殺が完成された瞬間、愛媛県の野球界に新たな歴史が刻まれた。創部3年目に入ったばかりの聖カタリナ学園・春季愛媛県大会初優勝。これまでに中予地区1年生大会の優勝経験はある同校だが、県タイトル奪取は初。センバツ出場の松山聖陵と共に5月3日から高知県で開催される春季四国大会への初出場も同時に決めてみせた。

 試合は予期せぬ事態から始まる。1回裏一死二塁から済美3番・芦谷 泰雅(2年・捕手・右投右打・170センチ76キロ・伊予三島リトルシニア出身)が放った打球は右脚くるぶしに死球を受けながら完投した準々決勝・西条戦の影響から前日の準決勝出場を回避し、満を持して先発した聖カタリナ学園・新保 雄太郎(3年主将・右投右打・175センチ76キロ・松山中央ボーイズ出身)の側頭部を直撃し、そのままレフト前への適時二塁打に。そして新保はそのまま担架で運ばれ降板。当日精密検査の結果、異常がなかったことは幸いだったとはいえ、チーム内の動揺は明らかだった。

 急きょ聖カタリナ学園の2番手マウンドに上がった田中 択磨(2年・右投右打・178センチ83キロ・兵庫尼崎ボーイズ<兵庫>出身)も調整不足は否めず、初回は続く6番・近藤 海楓(3年・右翼手・右投右打・177センチ69キロ・新居浜スワローズ<ヤングリーグ>出身)に右前適時打。続く3回裏にも一死三塁から4番・池内 優一(3年主将・三塁手・右投右打・180センチ84キロ・今治中央ボーイズ出身)に中犠飛を浴びて0対3。4回までは完全に済美ペースで試合は進む。

 しかし、試合はみずもの。5回裏と6回表における走塁の明暗が試合の様相を一変させた。5回裏・済美・中矢 太監督は二死一・三塁から「動いて仕掛けないといけないと思ったし、練習も支持も出していた」一塁走者がスタートし挟殺される間に三塁走者がホームを陥れるトリックプレーを仕掛けるも、結果的には失敗し無得点。対して聖カタリナ学園は6回表二死から3連打で1点を奪った後、「みんなの意思が一致してた」(越智 良平監督)中で6番・玉井 陸翔(3年・中堅手・右投左打・174センチ68キロ・愛媛松山ボーイズ出身)がサイン通り三盗・本盗を1点目の適時打を放った7番・坂尾 咲汰(3年・三塁手・右投左打・163センチ52キロ・えひめ西リトルシニア出身)のアシストも借りて楽々と成功。これを期に試合は聖カタリナ学園が望んでいた点の取り合いとなった。

 そして4対3・済美のリードで迎えた9回表。聖カタリナ学園は一死二塁から昨秋までは一塁手レギュラーだった竹田 蓮(3年・右投右打・172センチ68キロ・松山中央ボーイズ出身)が1番の代打で登場し、「大会期間中も練習していた」指揮官の目利きに応える値千金の同点適時打。さらに一死一・二塁から迎えたのは昨夏ベンチ外から3番を任されるまでになった兵頭 和弥(3年・左翼手・右投右打・175センチ80キロ・松山坊っちゃんボーイズ出身)。彼は「思い切って振っていこう」と初球から狙っていた。

 

 そして真ん中低めの難しいストレートを捉えた兵頭の打球は……。左翼手のグラブ下を抜けていく強烈な勝ち越し2点二塁打に。チーム発足時からエース・主将の重責を背負ってきた新保に報わんとする「絆」が県大会4試合中3試合目の逆転勝ちを引き寄せたのである。

 「県大会のような粘り強さを四国大会でも出したい」。4番・捕手として今大会MVP級の活躍を見せた大森 貴仁(3年・右投左打・162センチ58キロ・西予市立城川中出身)が意気込む。今度は背番号「1」も一緒に再び優勝旗をつかみにいくために。聖カタリナ学園、戦いの場は真夏のような日差しが照り付けた坊っちゃんスタジアムから薫風吹く高知県へと移っていく。

 

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
本日発表日!選抜候補全131校を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
聖カタリナ学園 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
平成30年度 春季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る