2017年09月20日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs松山商

2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

済美「最終奥義発動」で松山商をうっちゃる!



8回裏済美二死二塁から4番・池内 優一(2年・右翼手)が決勝中前打

 まるで「最後の夏」を思わせるような壮絶な戦いだった。

 先制パンチを浴びせたのは松山商。シートノックから明らかに気持ちを込め、足を動かしていた勢いのまま1回表に入った彼らは、中前打で出塁した1番・桧垣 翔(2年主将・二塁手・162センチ57キロ・右投左打・愛媛松山ボーイズ出身)を一塁に置き、3番・佐藤 勇斗(1年・一塁手・180センチ80キロ・右投左打・えひめ西リトルシニア出身)がライト線に落とす適時二塁打で先制。その佐藤は続く4番・山内 敬太(2年・捕手・177センチ75キロ・右投右打・松山市立南第二中出身)が振り逃げ、捕手がボールを見失う間に一気にホームまで帰って2点目のホームを踏んだ。

 その裏、済美は一死一塁から3番・中井 雄也(2年・二塁手・171センチ65キロ・右投右打・五條市立五条東中<奈良>出身)が左中間を完全に破る二塁打で1点を返すが、その後は「状態がいいので先発で起用した」(重澤 和史監督)松山商右腕・入川 翔(2年・175センチ73キロ・右投右打・今治中央ボーイズ出身)がツーシーム気味のボールを有効に配して済美打線に的を絞らせず。3回表に佐藤、山内の連続二塁打で1点を追加した松山商は、中盤まで完全に試合の流れを掌握していた。

 しかし、終盤になると夏の甲子園2勝の済美が一気に牙をむく。7回裏に一死三塁とするとここで2番手マウンドに立った松山商2番手・奥野 慎也(2年・173センチ72キロ・右投右打・松山市立三津浜中出身)に対し、3回以降は無失点を続けていた7番・山口 直哉(2年・投手・169センチ65キロ・右投左打・南あわじ市立三原中<兵庫>出身)が遊撃ゴロを打ってまず1点。

 1点差とした8回裏も済美は二死から粘る。2番・矢野 功一朗(2年・遊撃手・171センチ65キロ・右投左打・西条少年野球団<現:西条ボーイズ>出身)と3番・中井の連打で一、三塁。そして4番・池内 優一(2年主将・右翼手・180センチ81キロ・右投右打・今治中央ボーイズ出身)がノーボール1ストライクとなった時、済美・中矢 太監督は甲子園ベンチ入りの3名の理解度を観越した「最終奥義」を発動する。

「一塁ランナーに『挟まれろ』というサインを出しました」

 予定通り挟まれる中井。投球はストライクとなり、すぐに捕手からのボールを受けた奥野は中井を追い込み、挟殺プレーに移行。しかし、済美はその瞬間を狙っていた。背中を向けた瞬間、矢野は猛然とホームへ。タイミングは間一髪。が、最後は矢野の脚が勝った(記録はダブルスチール成功)。

 そして、池内は6球目を中前適時打。相手のスキを突く愛媛野球の真骨頂、現代風に言えば「機動破壊」で済美がこの試合はじめてリードを奪う。

 ただ、松山商もこのままでは終わらなかった。「しょげるな!」と檄を飛ばした指揮官にすぐさま反応し、6番・入川、代打・谷 怜哉(1年・左翼手・172センチ63キロ・右投左打・愛媛ラディアンツ<ヤングリーグ>出身)の連打などで無死二、三塁とチャンスメイク。最後は攻め手を欠き済美に勝ちを許したが、終始衰えなかった気迫は高い評価を与えられる。

 すすり泣きながら球場を後にした松山商の選手たち。対してわずかなかがらの安堵感を漂わせながらも、県大会へ引き締まった表情を見せた済美の選手たち。この試合における切磋琢磨は必ず両校の糧になるはずだし、そうしなければいけない。

(レポート=寺下 友徳

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
香川オリーブガイナーズ合同自主トレーニング開始 「松中信彦塾」ここに開校! 【ニュース - 高校野球関連】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第3回 かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1回 「奇跡のバックホーム」を生んだ「松山商・熊本工」平成の名勝負のあった年は、 公立商業校と工業校が活躍し昭和感を蘇らせた時代でもあった【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
平成29年度 秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】
平成29年度 秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 中予地区 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る