2017年07月21日 西条市ひうち球場

小松vs丹原

2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

「強打」だけじゃない、犠打・重盗・堅守。「ニュー小松」丹原に快勝!

 5回まで毎回の13得点。ここまでは例年の「強打」小松である。が、内容を見ると昨年までとの違いが手に取るように判る。10安打に加え、8四死球・犠打も2。盗塁は重盗2個含む5。そして三振はわずかに「1」。無失策。さらに1回表に大会第10号先制2ランを放った「岩城島の大砲」4番・田名後 友(3年・右翼手・168センチ71キロ・右投右打・上島町立岩城中出身)。6月の練習試合で福岡大大濠<福岡>・三浦 銀二(3年)からも一発を放っている高校通算20本塁打の3番・近藤 壮一郎(3年・遊撃手・170センチ77キロ・右投左打・新居浜ボーイズ出身)が放った5回表一死一・二塁から中越2点三塁打に代表されるように、各打者のスイングも実にコンパクトだった。

 そこには確かな理由がある。実は小松は今年、練習で新たな試みを行っている。フリーバッティングでは59歳・宇佐美 秀文監督いわく「僕が指導を始めてからはじめて」指一本分余らせたグリップでのスイングを指示。同時にバントゲージを設けバント練習も進めている。さらに守備や走塁でも多くの時間を割き連携をチェック。フリーバッティングでも活きた打球を処理する意識を高く持ち、研鑽を積んできた。

 こういった方針の下、小松には新たなスター候補生も誕生している。2番の田中 将伍(3年・中堅手・170センチ64キロ・西条市立東予西中出身)は50メートル走6秒台前半。右打者にもかかわらず一塁駆け抜け4.0秒台の俊足を活かし、この試合でも2回表に安打後三盗を成功させ4番・田名後の浅い遊ゴロで軽々と6点目を奪取。守備でも右中間・左中間の打球を軽々とさばき、丹原を1安打に抑える原動力となった。

 かくして3年前の甲子園出場時と同じく継投策はそのままに、打線に一味違った風味が備わった「ニュー小松」。
7月23日(日)10時から西条市ひうち球場大洲と戦う3回戦でも、彼らは持ち味を出し切って栄冠をつかみにいく。

(レポート=寺下 友徳

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
聖カタリナ学園vs小松【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
エース・代木が29イニング連続無失点中の明徳義塾など四国4強が激突!1日に頂点決まる 【ニュース - 高校野球関連】
小松vs藤井学園寒川【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
小松vs鳴門渦潮【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
佼成学園vs都立小松川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
松山城南vs丹原【愛媛県 2020年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第983回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・後編】【大会展望・総括コラム】
第60回 小松(石川)「創立120周年の伝統と誇りを胸に!甲子園1勝を掲げる!!」【僕らの熱い夏2019】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
小松 【高校別データ】
丹原 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権愛媛大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る