2015年10月04日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs小松

2015年秋の大会 愛媛県秋季大会 代表校決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

「立ち合い」正攻法で制した済美、四国への扉開く!

試合後、秋季愛媛県大会3位の表彰状を受け取る済美主将・和田 蓮次郎(遊撃手1番・2年)

 高校野球の戦いは「プレイ・ボール」がかかった後のグラウンド上だけではない。例えば、事前に対戦相手の傾向を分析し、そこに対応すべく確率の高い守備位置や絞り球を決め試合に臨む。指揮官目線で見れば、最終的に目指す公式戦勝利のために、練習試合を実験台に使うことも多々ある。それらの考え方を他競技にあてはめてみると、巡業や稽古でのぶつかり合いや映像研究を土台に本場所に活かしていく「相撲」的考え方もできるだろう。

 そしてこの試合は正に試合前。相撲でいえば「立ち合い」の時点から戦いが始まっていた。まず仕掛けたのは、4年ぶり2度目の秋季四国大会を狙う小松・宇佐美 秀文監督である。

小松の先発は東予地区予選も含む秋季県大会ここまで5試合・44回・601球を1人で投げ抜いてきた最速139キロ右腕・馬越 康輔(2年・165センチ68キロ・右投左打・今治市立伯方中出身)ではなく、8月の東予地区新人大会で3試合・7回3分の1は投げているとはいえ、今大会は初登板の東 樹一(2年・166センチ64キロ・右投右打・松山中央ボーイズ出身)。

「打者の手元でボールが伸びる」東から馬越につなぐ、「2014・2015年夏型」継投を選択した上で、打線も済美の左投手先発を見越して先発を3人入れ替え、右打者を6人並べてきた。「気分転換です」と報道陣を笑わせた上で「この起用は練習試合でもやったことがあるので違和感はない」と宇佐美監督。特に東の先発は「全く想定していなかった」済美・乗松 征記監督を驚かすには十分な「変化」である。

しかし、「まず秋の四国大会に出場することを目指してやってきた」(乗松監督)済美は変化にも動ぜず正攻法をこの試合で貫いた。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!愛媛県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

【次のページ】 済美vs小松(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
秋季四国大会ベスト8 夏の甲子園初出場を狙う新田(愛媛)の冬に迫る! 【ニュース - コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
明徳義塾vs小松【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第983回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・後編】【大会展望・総括コラム】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs新田【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
拓大一vs都立小松川【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
小松 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
平成27年度 秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る