2013年07月17日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

済美vs帝京第五

2013年 夏の大会 第95回愛媛大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

圧巻の「153キロ」、済美・安樂智大、春夏連続出場へ全開モード!

 序盤は帝京第五の2年生左腕・西浦 大生の丁寧なピッチングに苦しんだ第1シードの済美
だが、3回表に一死一・三塁から7番・光同寺 慎中堅手(3年)の中前打で先制すると、5回には3番主将・宇佐川 陸二塁手(3年)の中犠飛と5番・太田 裕也(3年)の大会号で4点を追加し試合を決めた。

なお、済美先発の安樂 智大(2年)は、序盤と終盤共に投球バランスに苦しみ連打を浴びたものの、中盤は安定感抜群のピッチングを披露。5回を除く毎回の14奪三振で夏の初戦を飾った。

エキサイティングプレイヤー 安樂智大(済美2年)

愛媛県高校野球、四国高校野球のみならず、西日本高校野球の主役・安樂 智大(済美2年)が愛媛大会初登場。
期待に違わぬ投球内容で、坊ちゃんスタジアムの観衆を大いに沸かせた。

ランナーなしでもセットポジションで通した初回から3回までは腕と体が離れる悪癖が見え隠れし、制球力に苦しむ場面もあった安樂。が、ワインドアップに変えた4回以降は調子を取り戻し、終わってみれば3回表二死からの4連続、6回一死からの5連続含む計14奪三振。正に圧巻であった。

そして4回表二死から6番・横幕裕樹二塁手を見逃し三振に切った外角高めのストレートは、自己最速となる「153キロ」。センバツ以来抱えていた体と心の疲労をすっかり取り去った怪物は、貫禄の初戦突破でチームの春夏連続出場へ向けいよいよ全開モードに入っている。

(文=寺下 友徳)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
秋季四国大会ベスト8 夏の甲子園初出場を狙う新田(愛媛)の冬に迫る! 【ニュース - コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
第95回愛媛大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

帝京第五日本で一番熱い夏おおさかのおじさん 2013.07.17
簡単な相手ではなっけど
持ってる力を出し尽くせ!
済美さいび!泉南 2013.07.15
夏も甲子園つれていってくださいね。
拓眞へ
甲子園は仕事休んででもいくからなー!
済美応援しています!岡田裕夢 2013.07.15
暑いけど頑張ってください。
優勝してください!
済美応援しています!近藤知佳子。 2013.07.15
この夏の猛暑の毎日、ハードな練習お疲れ様です!
春の選抜が終わってから、又夏に済美高校野球部のプレイを甲子園で観る事を心待ちしていました(*^^*)
愛媛大会を勝ち抜いて、済美の野球を甲子園で観戦するのを楽しみにしてます!
体調管理には気を付けて、ご活躍を期待しています\(^-^)/

応援メッセージを投稿する

愛媛県地域応援スポンサー

愛媛県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る