大会4日目までホームランが出ていなかった選抜だが、遂に大会第1号が東海大菅生聖カタリナの一戦で生まれた。

 2回、聖カタリナ先発・櫻井 頼之介のボールを東海大菅生6番・鈴木 悠平が捉えた打球はぐんぐん伸びていき、そのままスタンドイン。大会5日目第1試合で、遂に大会第1号のホームランが生まれた。

 これで1対0となり、東海大菅生が先制に成功した。

 さらに3回には一死一塁の場面で3番・千田 光一郎がレフトスタンドに突き刺すホームランで東海大菅生が3対0でリードを広げる。

 以前の取材時には「基本は逆打ち。インコースは反応で回転して打つ」と話をしていたが、ここまでの結果を見るとそれを体現するバッティングだ。

 二刀流として注目されるが、まずはバットでブレークの兆しを見せる。


関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名