第19回 城西大城西陸上部「速く走れるフォームとは?そのコツと練習法を紹介!」【後編】2016年12月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]速く走るための基本的な考え方
[2]野球選手も取り入れたい陸上のトレーニングメニュー
[3]体幹や様々な筋肉を鍛えるトレーニング

体幹や様々な筋肉を鍛えるトレーニング

●ダイナマックス(「サーキットB」の種目)



 5㎏ほどのメディシンボールをスクワットの体勢から下半身を使って、パートナーに向けて一気に投げる。腕で投げるのではなく、下半身で投げるのがポイント。内籐先生によると、このダイナマックスは、スタートダッシュのパフォーマンスを高めるのが目的だという。一方、ボールをキャッチする側は、その際に体幹が鍛えられるそうだ。

 この体勢以外にも背面から投げたり、足にはさんで相手にボールを送ったり、ボールを高く放り投げたり…「投げる形を変えることで、スタートダッシュに必要な様々な筋肉を鍛えていきます。例えば、高く投げることで太腿の裏側の筋肉(ハムストリング)を強化します」(内籐先生)

●ハードル柔軟(前後、左右)=(「サーキットB」の種目)



 ハードルを手で支え、足を前後、あるいは左右に、ハードルの高さを超えるところまで振り上げる。股関節の可動域を広げるとともに、走る時に足を引き上げる役目をする腸腰筋を鍛える。

●ハードルジャンプ



 並べられたハードルを、足を閉じて、または足を開いて、順番に跳び越えていく。ポイントはより高く両足でジャンプするのと、いかに接地時間を短くするか。ハードルジャンプは、ジャンプをしながら前に進むので、重心移動の要素もあるという。内籐先生は「競技力がある、瞬発力が高い選手は、トントントンと着地の音をあまり立てずにリズム良く進んでいきます」と教えてくれた。 

 限られた環境下の中で、城西大城西陸上部は練習の取り組む意識を改め、そしてメニューも工夫し、全国レベルの陸上部へ成長していった。山村監督が話すように、まず正しい走り方を知らなければ、プレーの可能性は広がってこないというのが分かる。ライバルに差をつけるのならば、まず走り方から見直していこう。

(取材/文・上原 伸一)

関連特集
【12月特集】「ランドリル2016」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
城西大城西vs立教池袋【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
駿台学園vs城西大城西【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
城西大城西vs東京【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第59回 圧倒的私立校優勢の構図ながら、頑張る都立勢が刺激になり盛り上がる【東京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
日大二vs城西大城西vs帝京三【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第554回 エースが生まれ変わり、二松学舎大附が甲子園に!【東東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
都立江戸川vs城西大城西【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
第39回 どんな時も笑顔で頼りになるマネージャーに!城西大城西高校【頑張る!マネージャー】
第500回 【東東京展望】混戦が予想される東東京大会!序盤から目が離せない好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
城西大城西 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム