第14回 強豪・早稲田大ボート部から学ぶ!もっと強くなるトレーニング術【前編】2016年10月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]ボート初心者を育てるためにエルゴメーターを活用
[2]明確な目的に即してエルゴでのトレーニングを行う

 このところ高校野球でも、強豪校を中心にエルゴメーターを導入するチーム増えているようだ。ただ、実際の使い方や漕ぎ方、正しいフォームを理解しないまま、速さだけを競っているチームもあると聞く。そこで1902年の創部以来、数多くの日本一タイトルを獲得し、日本ボート界を牽引する存在であり続けている早稲田大漕艇部を訪ねた。早稲田大学漕艇部は、9月22日から開催された全日本大学選手権大会でも、女子チームは総合優勝し、大会5連覇を果たしている。今回は、そんな強豪チームを率いる内田 大介監督にエルゴメーターの正しい使い方・フォームを教えていただくとともに、ワセダのボート部の選手が日頃、どのようにトレーニングで活用しているかなど、お話をうかがいました。

ボート初心者を育てるためにエルゴメーターを活用

早稲田大漕艇部・内田 大介監督

 野球の世界でエルゴメーターが浸透してきたのはここ10年ほど。それに対し、もともとボート競技の向上のために開発されたエルゴメーターとボート界の関わりは古く、早稲田大漕艇部の内田 大介監督によると「日本でも1962年の東京オリンピックの前あたりには使っていたと思います」

 高校球児にはあまり馴染みがないかもしれないが、今年、監督就任3年目の内田監督は早稲田大漕艇部のOB。在学中は4年時に主将を務めた。卒業後、1983年から2007年まで監督として山梨・富士河口湖高を指導し、多くの選手が世界ジュニアやインターハイ、国体などで好成績を残した。昨年2015年は、「One WASEDA」の理念のもと、全日本大学選手権・女子全種目完全制覇、女子総合優勝7連覇を果たすとともに、男子エイトを19年ぶりの日本一に導いた名指導者である。

ずらりと並んだエルゴメーター

 現在も埼玉・戸田市にある早稲田大漕艇部・合宿所のトレーニングルームには、12台のエルゴメーターがずらりと並ぶ。とはいえ、ボート部の選手がいつもエルゴメーターを漕いでいるかというとそうではない。早稲田大漕艇部の場合、あくまでクロストレーニングの一部を成すためにエルゴメーターは存在する。それでもエルゴメーターが果たす役割は大きいようで、内田監督はこう話す。

「ウチは高校ボート経験者のトップクラスはそれほど多くなく、異種目からの転向組など初心者が、部員の半数くらい占めます。そのため、選手を『育てる』ことが大切になってくるのですが、エルゴメーターがこれをアシストしてくれています。水上ではオールの操作やバランス、あるいは他のメンバーの動きに気を配らなければなりませんが、エルゴメーターならそういったことを排除して、モーションパターンに集中することができますからね」

明確な目的に即してエルゴでのトレーニングを行う

 では早稲田大漕艇部は、具体的にどのような目的で、エルゴメーターを使ったトレーニングは行っているのか?主な目的の1つが、ボート競技において必要となる体幹部を中心とした大きな筋肉を鍛えることにある。内田監督は「漕ぐ時にその部分を合理的に使えるようにしながら、股関節回りの筋肉の強化もしていきます」と説明する。

このページのトップへ

【次のページ】 明確な目的に即してエルゴでのトレーニングを行う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1109回 大学生ナンバーワン左腕・早川隆久(早稲田大)が直球、変化球を投げるポイントを徹底解説! 【2020年インタビュー】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第95回 早稲田大学編「大学野球の栄華を極めた、2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第18回 2018 年人気記事ランキング 1位は実力もルックスも兼ね備えた大型二塁手!独立リーグの選手2名がランクイン!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第705回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
第25回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「高校時代からは想像もつかなかった選手に成長した」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第24回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「印象は『普通の高校生』『継続する大切さ』を教わる」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム