第12回 全国ベスト8の駒大高サッカー部のキレの良い動きを生み出すクイックネス理論2016年01月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]素早いプレスと素早いパスサッカーを生み出すボールアジリティ
[2]スクエア&ドリルとボールアジリティ
[3]クイックネスを高めるための3つのポイント

 スポーツのあらゆる場面において要求される能力「クイックネス」。その定義は一般的に、「様々な刺激に反応して素早く動き出す力」とされ「俊敏性」とほぼ同義。スタートや静止した状態から1~3歩の素早い移動の際に働き、前方だけでなく、様々な方向転換も含むアスリート必須の能力である。

  そんな「クイックネス」を鍛えるために、今回はその能力が非常に求められるサッカーに目を向けてみた。サッカーの現場ではどのようにトレーニングされているのか。都内屈指の強豪校であり、第94回全国高校サッカー選手権大会でベスト8入りを果たした駒澤大学高等学校サッカー部を訪問し、話を伺った。

素早いプレスと素早いパスサッカーを生み出すボールアジリティ

筑前谷 崇氏

 駒澤大学高等学校サッカー部は1965年の創部以来これまで、激戦区東京を先頭に立って牽引してきた名門校。素早いプレスと素早いパスサッカーをチーム理念として、目標に掲げる日本一に向け日々練習に励んでいる。先日閉幕した第94回全国高校サッカー選手権大会には東京都代表校として5年ぶりに出場。開幕戦で勝利を飾るなど勝ち星を重ね、同校史上初の8強入りを果たした。

 全国屈指の部員数を誇る大所帯はこの日、いくつかのカテゴリーに分かれてトレーニングを実施するが、今回はフィジカルトレーニングを行うチームに同行させていただき、トレーナーとして指導にあたる筑前谷 崇(ちくぜんや たかし)氏にお話を伺った。

 筑前谷氏は日本トレーニング協会認定トレーニング指導者であり、日本スポーツ教育協会公認ジュニアサッカーフィジカル&メディカルサポーター、日本体育協会認定スポーツリーダー等様々な資格を持つトレーナーとして、現在は2003年に設立したワイズ・アスリート・サポート・インコーポレイテッドに所属。駒大高には5年前から指導にあたり、優秀な選手育成に携わっている。

「サッカーにおけるキレがある動きといえば何かと説明いたしますと、それはクイックネス、いわゆるアジリティの部分であり、サッカーに必要なアプローチや減速、ストップなど様々な動きに対し、無駄なく動けることです」
そう話す筑前谷氏が取材日に行ったメニューは、試合を控えているチーム状況を考慮し、テクニカルな部分も含意した「ボールアジリティ」。クイックネスを向上させるトレーニングにボールの使用を加えることによってより実践的な視点からのトレーニングとなった。

このページのトップへ

【次のページ】 スクエア&ドリルとボールアジリティ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
都立八王子北vs駒大高【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
駿台学園vs駒大高【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
日大三vs駒大高【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
関東一vs駒大高【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
駒大高vs立正大立正【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
駒大高 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム