第30回 【動画】バッティングの心構え2014年07月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎基本

バッティングの心構え

 打席に入る前に、打席の中で自分のすべきことをしっかり決めて打席に入りましょう。

『バッティングの心構え』についておさらいしよう!

・“打てそうな球だけ自分のスイングで打てばいいや”という思いで打席に入るとほとんど打てない
・自分のスイングと相手ピッチャーそれぞれの特徴を考え、打席で打つ球種やコースや、最低限こういうことをするというバッティングの目標をしっかりと心に決めて打席に入ろう!

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第984回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第983回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第982回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第60回 巨人期待の若手・堀岡 隼人の中学時代。恩師が語る「努力家の一面」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
藤代vs鹿島学園【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
水戸商vs常総学院【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
常総学院vs土浦日大【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
第565回 忍耐、粘り、対応の3本の矢で茨城の夏を制する!藤代(茨城県)【後編】【野球部訪問】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
常総学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

仁志 敏久
仁志 敏久(にし としひさ)
  • 1971年10月4日生まれ/茨城県出身
  • 内野手/右投右打
  • 常総学院-早稲田大-日本生命を経てプロ入り。読売ジャイアンツで11年間、その後、2009年まで横浜ベイスターズでプレー。2010年には、アメリカ独立リーグのランカスター・バーンストーマーズに入団。引退後は、野球解説者としても活躍している。2013年侍ジャパントップチーム内野守備・走塁コーチ、2014年侍ジャパン12U代表監督。
  • ■ 著書『わが心の木内野球』 『プロフェッショナル』 『反骨』

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム