仁志敏久から学ぶ 野球の基礎基本

左投手の変化球への対応

 前回に引き続き変化球の打ち方について解説します。今回は左投手の変化球への対応です。右投手同様にベストピッチを狙わず、球筋をしっかりイメージしていきましょう。

『左投手の変化球への対応』についておさらいしよう!

対左投手の場合もベストピッチをイメージしない
高めのボールゾーンから入ってくるスライダー・カーブを狙う
・ボールが見えた位置からの球筋をしっかりイメージする
・外側からバットを出すとボールとの接点が無くなるので内側からバットを出そう

動画本編はパソコン、スマートフォンからご覧ください。

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ