第1回 【動画】身体的な正しい姿勢の作り方2013年01月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎基本

 前回「姿勢を正すということ」の話では、二つの「姿勢」について話をしました。
 一つは身体的な正しい姿勢。もう一つは野球に対する心の姿勢。この二つの姿勢はキャッチボール、延いて言えば野球を始める上で必要不可欠な要素です。

 今回は一つ目の身体的な姿勢の作り方。また、その保ち方を次回からはトレーニングの専門スタッフの指導も交えて伝えていきたいと思います。


このページのトップへ

【次のページ】 なぜ身体的な姿勢を正さなくてはならないか

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第36回 常総学院 (茨城)編「全国優勝2回を誇る常総学院のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第3回 仁志 敏久氏に聞く!グラブの選び方!【仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本】
第5回 「頑張る選手たちへ」【仁志 敏久が語る】
第4回 「強く、上手くなるために大切なこと」【仁志 敏久が語る】
第3回 「僕が常総学院・木内幸男監督から教わったこと」【仁志 敏久が語る】

コメントを投稿する

プロフィール

遠藤 友彦
仁志 敏久(にし としひさ)
  • 1971年10月4日生まれ /茨城県出身
  • 内野手/右投右打
  • 常総学院-早稲田大-日本生命を経てプロ入り。読売ジャイアンツで11年間、その後、2009年まで横浜ベイスターズでプレー。2010年には、アメリカ独立リーグのランカスター・バーンストーマーズに入団。引退後は、野球解説者としても活躍している。
  • ■ 著書『わが心の木内野球』 『プロフェッショナル』 『反骨』

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム