第28回 【動画】キャッチボール練習の中で取り入れたいメニュー「スナップスローとグラブトスの練習」2015年11月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎基本

「スナップスロー」と「グラブトス」の練習

 前回は、仁志 敏久氏に、「ボールを取ってから早く投げる練習」について紹介していただきました。第4回目の今回は、キャッチボールの最後に行う「スナップスロー」や「グラブトス」の練習について紹介してくれています!
下記の動画をチェックして、レベルアップのために取り入れてみてください!

キャッチボール練習の中で取り入れたい「スナップスロー」と「グラブトス」の練習についておさらいしよう!

【スナップスロー】の練習
手順:踏み込んでボールを取って、足はそのままで頭を下げた状態で下から投げる!
(※頭を下げる時には足は曲げないこと!)
【グラブトス】の練習
(取った)ボールを握るとグラブから出てこなくなるので、グラブを開いて自分の腕の力でボールの力を吸収し相手にトスする!

動画の無断転載・転用及び、許可のない外部での利用を禁止します。
動画共有サイトなど第三者が試聴・視聴できるように公開することは法律により禁止されております。
悪質な場合は然るべき処理を行う場合がございますのでご注意ください。

※ご覧いただけない時にはお使いのブラウザを最新バージョンにアップデートして下さい。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第3回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【読売ジャイアンツ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs宮崎県選抜【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座

コメントを投稿する

プロフィール

仁志 敏久
仁志 敏久(にし としひさ)
  • 1971年10月4日生まれ/茨城県出身
  • 内野手/右投右打
  • 常総学院-早稲田大-日本生命を経てプロ入り。読売ジャイアンツで11年間、その後、2009年まで横浜ベイスターズでプレー。2010年には、アメリカ独立リーグのランカスター・バーンストーマーズに入団。引退後は、野球解説者としても活躍している。2015年侍ジャパントップチーム内野守備・走塁コーチ、2015年侍ジャパン12U代表監督。
  • ■ 著書『わが心の木内野球』 『プロフェッショナル』 『反骨』

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム