読書のすすめ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第27回 内川家。 赤澤竜也著 飛鳥新社2014年05月26日

■ Amazon.co.jpで購入する
■ 楽天ブックスで購入する
■ セブンネットショッピング

書評

 ソフトバンクホークス・内川 聖一選手の、幼少からプロ野球選手として活躍する現在の姿までを、家族という視点でまとめた心温まるノンフィクションです。

内川家。 赤澤竜也著

 ビックリするほど野球熱心な父、理解ある母、努力家の弟に囲まれ、野球が好きで好きでたまらないという聖一選手のさまざまなエピソードが心を打ちます。読んでみると「今どきこんな家庭が存在するのか!?」と思うほど漫画チックで、さながら現代版「巨人の星」といったところでしょうか。

 父が指導する高校で野球をしたいという聖一選手に対し、「ほかの選手と五対五の実力だったらお前を使えない。レギュラーになりたかったら八対二か九対一くらいの力の差を示せ」と親子で野球をする厳しさを伝える父・一寛。親子の縁を切ってまで入部し、それこそ理不尽なことにも耐えながら野球に取り組む聖一選手。

 そして兄の後を追うように同じ高校に入部する弟の洋平、そして野球漬けの毎日を支える母・和美。いつしか「家族みんなで甲子園」というのが大きな夢となり、その夢に向かってそれぞれが前に進んでいく姿は、読んでいる私でも「ああ、何とか甲子園に行かせてあげたい」と思うほどです。
 親子でプレーする選手も少なくないと思いますが、その厳しさは経験したものにしかわからないのかもしれません。

 その後、プロ野球選手となった聖一選手は常に「レギュラー候補」と言われつつも、レギュラーポジションを獲得できずに年数を重ねるのですが、ある出会いが彼の打撃センスを開花させることとなります。そして、球界を代表するプロ野球選手となった聖一選手に訪れた大きな試練・・・。
 WBC日本代表として選出され、迎えた準決勝で痛恨の走塁ミスをしてしまいます。敗戦は彼だけの責任ではないはずなのに、一番目立つ場面でのプレーだっただけに責任感の強い聖一選手にとってはつらいものとなりました。

 そしてそんな彼を支えたのは家族であり、多くのファンの暖かい言葉でした。「見えない人に支えられている」と確信した聖一選手は、日を置かずあの走塁シーンのVTRを何度となく見直します。「自分のやったことは自分の責任。(中略)どこが悪かったのかを直視したうえで、改善するポイントを見つけだす。そうでないと前に進むことはできない」(P217より引用)。

「いつまでこんな苦しい日が続くんだろうって思います。でもプロってそういうもの。怖さから逃げようとする自分を引き戻すべく、毎日戦っています」(P227より引用)と語る聖一選手。彼の原点を探る家族の物語は、野球にたずさわる皆さんにとって励まされることも多いはず。ぜひ読んでみてくださいね。

【内川選手のインタビューもチェック!】
2012年12月04日公開(前編)
2012年12月09日公開(後編)

(書評:西村 典子)

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第651回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)ケガの時期は「プラス要素」に変えられる【後編】 【2018年インタビュー】
第648回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)「大舞台で力を出す」メンタルと栄養学【前編】 【2018年インタビュー】
第53回 内川聖一「猛反対だった高卒プロ入り。そして今、息子に願っていること」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第52回 内川聖一「とにかく野球が好きだった少年時代 そして病気を乗り越えて」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第131回 球児が日本シリーズで印象に残ったシーン・選手とは?!【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第92回 球児が憧れる背番号とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第437回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「自らの弱さと向き合うことで、もっと強くなれる」【後編】 【2016年インタビュー】
第436回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「日本一の安打製造機が語る、野球選手としての『あり方』論」【前編】 【2016年インタビュー】

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム