読書のすすめ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 弱くても勝てます 高橋秀実著 新潮社2013年06月11日

■ Amazon.co.jpで購入する
■ 楽天ブックスで購入する
■ セブンネットショッピング

書評

弱くても勝てます 高橋秀実著 新潮社

 皆さんは日々野球の練習に打ち込んでいることと思いますが、それは野球が上手くなりたいという純粋な向上心から始まり、試合で勝つためであったり、甲子園に出場するためであったり、はたまた甲子園で優勝するためであったりしますよね。ノンフィクション作家の高橋秀実さんが5年にもわたり取材を続けた超進学校でもある開成高校は、時間や場所、施設といったさまざまなものを制約された中で、「弱くても勝つ」ためのビックリ仰天のアイデアや練習法で私たちを楽しませてくれます。

たとえば打順。一般的には1番、2番は足があり小技が出来る選手を置き、クリーンナップと呼ばれる3、4、5番は打力のある選手を配置することが多いのですが、開成高校は違います。打順を輪として考え、8番、9番が出塁した時こそがチャンスであると野球部の青木監督は説明します。8番、9番の出塁によって「下位打線が抑えられなかった」とうろたえる相手ピッチャー。そこに打力のある選手が1番に入るので、ヒットが続けば「こんなチームに打たれるなんて!」とさらに浮き足立つ(笑)。2番にも長打力のある選手を置いて、青木監督の言葉を借りれば「ドサクサにまぎれて大量点を取る」野球をするとのこと。

確実性を求める野球のセオリーからはかけ離れているものの、「何かギャンブルめいたものをやらなければ、そのまま終わってしまう」という必死さが手に取るようにわかります。事実、こういった打線を組んで何度も公式戦をコールド勝ちしてきたというところからも、これこそが「開成高校のセオリー」あることがうかがえます。

そして守備についても「ノックの練習をして、虚しくなったんです(中略)。いくら打っても捕れない。捕る前に打球に対してやることがあるだろうと思いまして、理屈で教えることにしたんです」(P33より引用)。すなわち球を捕るという行為には二つの局面があり、一つは球を追いかける局面、もう一つは球を捕る局面があります。球を捕る局面の動作は常に一定で、「機械的」であればよい。大切なことは、球を追いかける局面から捕る局面への切り替えポイントを正確にするということ。追いかけながら捕らなければならない打球がきたときは・・・。「ウチでは『例外』として考えます」とバッサリ。あまりにも単純明快なその理論にアッパレ!と声をかけたくなります。

その他にも「内野は打球が速いから、外野なら安全です」と外野を守る選手がいたり、「球を投げるのは得意なんですが、捕るのが下手なんです」という選手がいたり。それでも「超進学校として知られる開成高等学校の硬式野球部が甲子園大会に出場するまでの道のりを記録しようとしたもの(途中経過)」と冒頭にあるように、何かミラクルを起こすんじゃないかと思わされる開成高校野球部の今後に、ひそかに注目したいなと思っています。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
都立鷺宮vs開成【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第589回 勝利への最短ルートは割り切ること!自分たちのできる野球をする 開成(東京)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第588回 ミスして当たり前だからこそバッティング!独特のスイング軌道で革命を起こす! 開成(東京)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第78回 開成(東京)「基本の大切さを考える」常に明日が大会のつもりで!【冬が僕らを強くする2019】
横浜vs逗子開成【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
安田学園vs開成【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
錦城学園vs開成【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
蕨vs大宮開成【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県地区予選】
開成 【高校別データ】

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム