人間力×高校野球

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第12回 全員野球2010年06月18日

選手を応援する大阪桐蔭スタンド

  

 夏の本番まで1カ月を切った。
沖縄大会は明日19日に開幕を迎えるが、高校3年生にとっては、人生に一度しかない“最後の夏”がやってくる。7月に開幕を迎えるチームの多くは今が追い込みの時期であり、また、メンバー選考へ向け、最後のアピール時期でもある。大会でのベンチ入り総数は18~20名。今は、その定数を掛け、張りつめた緊張感の中での戦いを余儀なくされている。最後の力を振り絞って、一生懸命に野球に打ちこむ姿勢は、結果はどうであれ、人生を生きていく上での貴重な時間である。

 それでも、やってくる。
メンバー発表という、一大事が、である。

 

しかし、大会を戦う上で重要なのは誰がメンバーになったか、だけではない。メンバーが決まった後にこそ、それぞれのチーム力が試されるのだ。夏を戦うメンバーと、そこから漏れた選手たちがいかに気持ちを一つにできるか、そこに、高校野球における一番大切なモノが存在するのではないかと僕は思っている。

「全員野球」――。
球児たちは声をそろえて言う。非常に聞こえのいい言葉だが、大事なのはその意味がどこにあるのかである。
試合に出ている選手が、誰か一人の力で戦うのではなく、つなぎの野球を徹することが全員野球のか、
出場している選手が気持よく戦うための環境をベンチにいる選手が作ることが全員野球なのか。
メンバーに入っている選手たちだけでなく、部員全員が同じ方向を向くのが、全員野球なのか。
捉え方で意味が違ってくる。

「レギュラーになって、一生懸命やる、ベンチに入って、一生懸命に声をだすんは当たり前のこと。レギュラーに外れた中でも、一生懸命やれるかどうか、教員の一人として、お前たちの姿を見ているからな」。
そう話していたのは第90回大会で2度目となる全国の頂点に立った大阪桐蔭高の有友茂史部長である。全国制覇をする前に、聞いたコメントである。

 大阪桐蔭は「一球同心」という部訓のもとに動いている。それが定着してくるまでには時間がかかったというが、その意味を理解してからというもの、チームは変わり始めた。たとえば、夏の大会中の対戦校の偵察はメンバー外の下級生が行くのが常だったが、3年生のメンバー外が、自らの申告で行くようになった。
現メンバーが勝つために、一生懸命になって偵察することは、チームを一つにする。メンバー外の想いを感じれば、メンバーたちも自ずと力も入るというものだ。
事実、90回大会当時の大阪桐蔭ナインを取材していたとき、プレーしていた選手たちから聞こえてきたのは、「メンバー外のみんなが分析してくれた」という言葉ばかりだった。「メンバー外の力」を彼らは感じながらプレーし、頂点に立ったのである。

【次のページ】 全員野球(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
第218回 200球の力投も及ばず。平均球速から測る大阪桐蔭のエース・中田 惟斗の成長ぶり【ドラフト特集コラム】
第7回 夏3連覇が潰えた大阪桐蔭。それでも随所に大阪桐蔭らしさは見せた!【101回大会特集】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する


心で書く!氏原英明メールマガジン

プロフィール

氏原英明
氏原 英明
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:ブラジルサンパウロで生まれる
  • ■ 高校時代から記者志望で、新聞記者になるのが将来の夢だった。
  • ■ アトランタ五輪後に、スポーツライターに方向転換。
  • ■ 大学を卒業後、地元新聞社に所属。
  • ■ その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。
  • ■ 03年に退社。フリー活動を開始。

    『週刊ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』『ベースボールファン』などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

  • 「人間力×高校野球」(2009/04~2011/01まで連載)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム人間力×高校野球
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム