人間力×高校野球

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第11回 日常生活を力にするためにできること2010年05月05日

 山形中央【写真提供:宮坂 由香

  

日常生活と高校野球の関わりについては、ここのコラムで何度も書いてきた。
日常生活の強さ、弱さが、試合の中での力につながる。いわば、それが人間力だと言い続けてきたのだが、 興南高 の初優勝で幕を閉じた今年のセンバツ大会でも、そうした日常生活の取り組みを力に変えたチームがいくつかあった。そのうちのひとつが、21世紀枠で出場の山形中央高校だ。

1回戦で 日大三 と対戦し、4-14と敗れたのだが、彼らが序盤からしかけた先制攻撃には光るものがあった。1回表、3安打を放って2点を先制。準優勝を果たした 日大三 を前にしても、臆することなく試合開始から相手に向かっていたのだ。

初の甲子園出場という舞台の中でも彼らは序盤から力をいかんなく発揮した。5回表には一時、同点にするなどの健闘をみせたのだ。
なぜ、彼らにはそれができたのだろう?
試合に敗れた悔しさが充満している中、庄司監督は胸を張ってこう言った。
「日常生活から意識していたことが少しは出せたかと思います」

「少し」という部分に引っかからないわけでもなかったが、取材を進めていくと、その意味が読み取れた。奈良崎主将が、こんな話をしていた。
「日常生活でも、普段の練習からでも入り方を大切にしてきました。朝の挨拶をしっかりするとか、練習のスタートからしっかりするということですね。ずっとそれを心がけてきたので、こういう舞台でも、うまく入れたと思う」
実に奥が深い話である。
人の行動は突然、変えることはできない。普段からの癖や習慣というものは、培われていくもので、突如、変わるということはないと僕は思っている。山形中央でいえば、それが何事においても、行動を早くに起こすということであったようだ。

結果は結果として受け止めなければいけないこともある。序盤の入りは良かったものの、その後が続かなかったことは反省材料。勝つためだけに野球をやっているチームではなかったとしても、甲子園に来た以上は、勝利を目指す中で得られた反省点を持って帰ることは大切である。
庄司監督は「甲子園にもう一度帰って期待とかいう想いだけではなくて、行動を起こせるような強さを身につけたい」と、気持ちを引き締め直していた。
序盤の入りで鮮烈な戦いをみせた山形中央が、今後、どのような取り組みで、日常生活を送り、そして、甲子園に帰ってくるのか。個人的には非常に興味深く見守りたい。


【次のページ】 日常生活を力にするためにできること(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1015回 意外と見落とされがちな投手のフィールディング。プロ志望投手必見の興南の超効率的な守備練習!【後編】【野球部訪問】
第1015回 2年ぶりの甲子園へ 興南(沖縄)の課題とキーマンは??【前編】【野球部訪問】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商vs興南【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
興南 【高校別データ】
山形中央 【高校別データ】

コメントを投稿する


心で書く!氏原英明メールマガジン

プロフィール

氏原英明
氏原 英明
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:ブラジルサンパウロで生まれる
  • ■ 高校時代から記者志望で、新聞記者になるのが将来の夢だった。
  • ■ アトランタ五輪後に、スポーツライターに方向転換。
  • ■ 大学を卒業後、地元新聞社に所属。
  • ■ その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。
  • ■ 03年に退社。フリー活動を開始。

    『週刊ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』『ベースボールファン』などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

  • 「人間力×高校野球」(2009/04~2011/01まで連載)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム人間力×高校野球
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム