球児のお弁当

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第20回 【球児のお弁当】県立浦和西高等学校(埼玉)2014年06月07日



左から大内君、大橋君、益田君

■取材にご協力頂いた球児の皆さん
大内 峻輔 君(学年:3年/ポジション:二塁手)主将
益田 陽平(学年:3年/ポジション:捕手)副主将
大橋 健人 君(学年:3年/ポジション:外野手)筋トレ隊長!

▲大内君


Q. 最近のお弁当のおかずで、一番のお気に入りは何ですか?

大内:僕は唐揚げです!
益田:僕も唐揚げです!
大橋:僕は梅干しです!

Q. あなたの友達のお弁当で、「これはすごい!」と驚いたもの、もしくは「美味しそう!」と思ったお弁当の中身はどんなものでしたか?

大内:タッパの中にいっぱい入ったそぼろご飯ですね。
益田:焼肉お弁当がおいしそうでした!
大橋:牛丼です!

▲益田 陽平君


Q. お弁当を食べないときは普段どこで食べていますか?

大内・大橋:学食です。

益田:スーパーです。

Q. ご飯は一食で何杯ほど食べますか?

大内・益田:2杯から3杯程度です!
大橋:4杯から5杯です!

▲大橋 健人君


Q. ご飯をたくさん食べる時、何をおかずにするとご飯が進みますか?

大内・益田:唐揚げです!
大橋:梅干しです!


Q. 人生でこれ以上ないほどご飯を食べたエピソードを何か教えてください!

大内:1年生のクリスマスに催された焼肉パーティで、とにかく食べ続けたことです。

益田:部活の食トレで、焼肉を死ぬほど食べたことです。

大橋:つけ麺屋で、1100グラムに挑戦して敗れた時です。

Q. 朝食は何を食べますか?朝食で必ず食べているもの、飲んでいるものを教えてください!

大内:白飯、みそ汁に、プロテインも必ず摂っています!
益田:卵かけごはんと牛乳。そしてプロテインも摂ります!
大橋:みそ汁、ご飯、牛乳です!

Q. いつもお弁当を作ってくれる親御さんにメッセージをお願いします!

大内:いつもおいしいお弁当をありがとう!
益田:いつもおいしいお弁当をありがとうございます。
大橋:こんなに、僕に食費と労力をかけてくれてありがとうございます。

Q. 最後にチームまたは個人の目標を教えて下さい。

大内:夏大会で一つでも多く勝ちます!
益田:夏大会でホームランを打ちます!
大橋:レギュラーを取って県下最強を目指します!!



▲大内君のお弁当

大内君のお弁当にワンポイントアドバイス!

 お肉もお魚もあってカラダづくりの材料であるたんぱく質が十分に摂れます。ブロッコリーなど色の濃い野菜もちゃんと入っているので、ビタミンも摂れます。
 あとはカルシウムが摂れればバッチリです。カルシウムは丈夫な骨をつくるだけでなく、筋肉の曲げ伸ばしにも使われるので、大内選手のような内野手の動きのキレにも関係します。乳製品を持ってくるというのも手ですし、桜えびやしらすなど小魚をメニューに取り入れてもらうのも良いでしょう。

▲益田君のお弁当


益田君のお弁当にワンポイントアドバイス!

 肉、卵、豆腐といろいろなたんぱく質が摂れて、高校球児のカラダづくりにはとても優秀です。さらに、つくったカラダを万全な体調で練習や試合に生かすために、ビタミンやミネラルも摂れると良いです。
 お弁当のブロッコリーはビタミンCが摂れる優秀な食材です。さらににんじんやカボチャど色の濃い野菜を足してもらうと、ビタミンAも摂れます。ホウレンソウだとミネラルや鉄も。こういった栄養素も取り入れると、毎日コンディション良く質の高い練習ができ、夏の大会のホームラン!確率が高まります。

▲大橋君のお弁当

大橋君のお弁当にワンポイントアドバイス!

 ボリューム満点。たくさん食べる事ができるのは良い選手の条件です。筋トレ隊長というからには、筋肉を大きくして、筋肉から生まれるパワーを野球に生かしたいはず。今回のお弁当のから揚げやカツなど揚げ物はカラダを大きくもしますが、体脂肪にもなりやすい。体脂肪はカラダのおもりになって、ケガにもつながります。から揚げが、照り焼きだったり、カツが生姜焼きなど、揚げ物が1つになるとずいぶん体脂肪の材料である脂質を減らす事ができ、筋肉の材料であるたんぱく質を効率良く摂る事ができます。
 パワーアップした大橋選手がレギュラーになって力を発揮すれば、県下最強!に近づきます。

■高校別データ:浦和西

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦和西vs志木【埼玉県 2013年秋の大会 埼玉県地区予選】
鷲宮vs浦和西【埼玉県 2011年夏の大会 第93回埼玉大会】
益田 陽平(浦和西) 【選手名鑑】
浦和西 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム