きみのゲン担ぎを教えて!~仲間の贈り物~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第14回 きみのゲン担ぎを教えて!~仲間の贈り物~ 愛産大三河(愛知)2013年07月18日

愛知産業大学三河高等学校 取材にご協力頂いたマネージャーの皆さん
田中志緒実(3年)榊原祐月(3年)吉崎舞(2年)加藤杏佳(1年)杉山祐希(1年)松島栞奈(1年)

今年は、レギュラーメンバーたちに、皆さんからどんな贈り物をする予定ですか?

田中 「千羽鶴です。去年の12月ごろからつくり始めていました。当時はまだ1年生が入ってくる前でマネージャーの人数が少なかったので、早目につくりはじめました」

どんな思いを込めて、それを制作または準備しましたか?また、その贈り物にしたのはなぜですか?

愛産大三河高校 エースの副島将志投手

田中 「毎年、マネージャーで千羽鶴をつくっているんです。去年のデザインは金色の鶴の中に、部員の人数分だけ学年カラー(赤、青、緑)の鶴を交ぜました。今年はいろいろなカラーがあるレインボーのデザイン。同じ色の鶴を一本につなげて、それを一つに束ねます。鶴を折って勝てたらいいなと…」

榊原 「一つでも多くの勝利を、という思いを込めて折っています」

制作や準備をしている時に改めて感じた思いはありますか?

松島 「もともと野球が好きで、野球部に入りました。マネージャーとしてしっかりと応援したいな、という思いです」
吉崎 「マネージャーは応援しかできないですが、その分、鶴に思いを込めました」

選手たちに、日頃は言えないけれど、伝えたい夏へのメッセージをお願いします。

愛産大三河高校 公式戦の様子

加藤 「授業などで疲れているはずなのに、部活での声はとても大きくて、一生懸命やっている姿はすごいなと感じています」。

杉山 「雨の日でも走ったり、筋トレを欠かさなかったり。本当に努力されていると思います」。

田中 「チームワークができていて励まし合える、そういう点がすごいです。キャプテン(加藤天斗遊撃手)を中心に、試合でミスしたときなどにちゃんと声を掛け合っているのがよく分かります」。

吉崎 「3年生の先輩にとっては最後の大会だし、ちょっとでも夏が長く続けば、と願っています」。

取材後記

 過去に甲子園出場実績もある愛知産大三河は、この春の県大会でベスト4に食い込み、夏の愛知大会制覇への期待が高まっています。「部員数が多く(男子部員は66人)、普段の練習中に食べるご飯をつくるときは(おかずの)カレーや麻婆豆腐なども大量になるので、大変なんですよ」と6人の女子マネージャー陣はほほ笑みますが、チームを陰から支えてきた様子がよく分かりました。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs愛知産大三河【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第103回 私立強豪校の壁を破れ!躍進をみせる西尾東(愛知)を支える頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
愛知産大三河vs渥美農【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
愛知産大三河vs松平【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会 地区予選】
桜丘vs愛産大三河【愛知県 2011年秋の大会 第125回全三河高校野球大会】
愛産大三河vs高蔵寺【愛知県 2010年夏の大会 第92回愛知大会】
愛知産大三河 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム