今春の関西学生リーグで関西大と立命館大から勝ち点を挙げる健闘を見せた京都大。報徳学園時代に甲子園で活躍した元ソフトバンクの近田 怜王監督が昨秋のリーグ戦後からチームを率いていることでも知られている。

 この春はドラフト候補でもある最速152キロ右腕の水口 創太投手(4年=膳所)が学科の実習で平日の試合に帯同できないなど、思うように稼働できない中で、エース・水江 日々生(3年=洛星)らの奮闘もあり、5勝8敗で勝ち点2の5位と強豪私大と互角の戦いを繰り広げた。その背景を春季リーグの戦いを振り返りながら紐解いていきたい。

実績や練習量で及ばないなら工夫で



立命大との3回戦でサヨナラ勝ちして喜びを爆発させる選手たち

 関西学生リーグは京都大の他に近畿大、同志社大、関西大、関西学院大、立命館大の6大学で構成されている。京都大以外の5大学は私立で甲子園出場経験者がスポーツ推薦などで数多く入学してくるが、京都大は高難度の入試をクリアするしか入学する方法がない。京都大で甲子園出場経験があるのは、2018年春に21世紀枠で出場した膳所出身の手塚皓己投手(4年)と有川 耀翔内野手(3年)だけだ。

 こうした事情から見ても入学時のレベルで他大学と差があるのが事実。主将の出口 諒外野手(4年=栄光学園)に至っては、高校が軟式野球部しかなかったため、大学で初めて硬式野球に挑戦した選手である。

 そんな中で今年は優勝を目標に定めた。練習量で他大学との差を埋めていきたいところだったが、国公立大は私立大に比べてコロナ禍における練習時間の規制が厳しいのが現実。それでも全体練習以外の部分で力を伸ばす方法はあると出口は話す。

「野球の練習をすれば野球が上手くなるというのは、頭が固い話だと思っています。例えば体が細くて小さい選手だったら、バットを振り込むよりご飯を食べた方が野球は上手くなるし、バットを振り込むより相手投手の動画を見た方が試合の勝ちに繋がるということもあると思うので、『グラウンドにいない時間で勝ちにつながる行動を各々がしてほしい』ということは日々言っています」

 実績や練習量で及ばないからこそ、自分たちで考えて行動することが求められている。日々の練習でも選手が主体的に意見を出し合い、近田監督はそれに応じてアドバイスを送るというのが基本的な形となっている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。