2022年春季、東都1部は亜細亜大、國學院大、中央大、駒澤大、青山学院大、日本大でリーグ戦が行われている。

 今年は國學院大、青山学院大、日本大、さらに東都2部ながら首位争いを繰り広げている立正大の取材を行ったが、どの大学もハイクオリティーな練習をこなし、選手たちの技術もレベルが高いように思える。

 改めてこのリーグで優勝するだけではなく、残留するだけでも大変な世界というのがわかる。この春は亜細亜大が優勝を収めたが、その中で1部残留へ向けて、調整を続けているのが日本大だ。

 昨年、春季の東都入れ替え戦で東洋大、立正大に連勝して1部昇格を決めたが、昨秋、この春と苦しい戦いが続いている。最終節は連勝しての勝ち点奪取が絶対条件だ。残留へ向けて練習する選手たちを見ると、このレベルでも最下位なのか、と「戦国東都」を感じてしまう。

 今回は日本大の練習内容について紹介する。

本当に厳しくも、やりがいがあるのが戦国東都


 リーグ戦が2週間程度空いたこともあり、選手たちは初夏の暑さの中、懸命にトレーニングを積んでいる。シートノックでは、スピード感あふれる守備を連発。投球練習でも、岸川 海投手(4年=二松学舎大附)、河村 唯人投手(4年=日大三)、田嶋俊輔投手(4年=佐野日大)、山内 翔太投手(2年=習志野)ら、好投手たちが熱の入った投球を見せていた。打撃練習ではプロ注目の中尾 勇介外野手(4年=山梨学院)を中心に、各打者が鋭い打球を飛ばしていた。

 野手の守備のスピード、打撃、投手の投球練習を見ても、他の東都1部のチームや東京六大学のチームと比較しても、全く見劣りする点はなかった。

 中尾に「東都1部は本当に厳しい世界ですね」と話を振った。すると中尾も同調し、「本当に厳しい世界です。でもやりがいもある。入れ替え戦もあるということは呑気にやってられないので、戦国東都の名前通りです。やるかやられるかの世界です」

 特に1部の投手は投げミスをしない。その中でも亜細亜大のエース・青山 美夏人投手(4年=横浜隼人)については「140キロ中盤でも、一番制球力がよくて、投げミスが本当に少なく、攻略できなかったです」と振り返る。

 日本大の選手たちは試合期間がかなり空いたのもあり、中尾自身も打撃フォームを見直しをしてきた。

 18日の中央大との1回戦も近づいてきた。改めて中尾、そして河村に意気込みを語ってもらった。
 「勝ち点を取らないといけないので、チーム全員で勝つためにすることはできている。前回の亜細亜大戦では自分の投球ができず悔しかったので、しっかり中央大戦でぶつけたいと思います」(河村)

 「総力戦というか、束になって向かっていかないといけない。中央大も実力のあるチームなので、全員で倒しに行かないと負けてしまう。そういう気持ちで日々練習に取り組んでいます」(中尾)

 今月中には東都1部の順位がすべて決定する。持てる力をすべて出し尽くし、1部残留に全力を注ぐ。

(記事=河嶋 宗一


PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。