• トップ
  • コラム
  • 先輩から学べ
  • NPBコーチ経験20年の風岡尚幸(オリックス1軍内野守備・走塁コーチ)が語る「プロで活躍できる内野手の条件」と「捕球の基本」

第32回 NPBコーチ経験20年の風岡尚幸(オリックス1軍内野守備・走塁コーチ)が語る「プロで活躍できる内野手の条件」と「捕球の基本」2020年05月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]打球に対する距離の詰め方に明暗が分かれる
[2]強いバウンドに対しての捕球の仕方は?


 近年、野球界では投球、打撃、走塁、守備の水準は非常に高くなっている。高校、大学・社会人、そしてプロではどのレベルに達すれば通用する選手なのか?と日々、悩んでいる選手が多いはずだ。

 今回そのテーマで取材のご協力をいただいたのはオリックス・バファローズの風岡尚幸一軍・内野守備・走塁コーチ。風岡コーチは春日丘高校から1986年にプロ入りし、オリックス・阪神の2球団でプレーし、計247試合に出場。2000年に現役引退し、2001年ら現在までプロの内野・守備走塁コーチとして手腕を発揮してきた。

 風岡コーチが語るプロで活躍できる内野手の条件、構え方から捕球、そしてステップの踏み方などを解説していただいた。

打球に対する距離の詰め方に明暗が分かれる



風岡尚幸コーチ

——— まず、プロで活躍できる内野手の条件みたいなものはありますか?
風岡尚幸コーチ(以下、風岡コーチ) 距離の詰め方だと思います。細かなところまで言うともう少しあるのですが、バウンドが増えれば増えるほど打球が難しくなります。ですので、数少ないバウンド、どれだけ優しいバウンドで捕球ができるのかが大事です。

——— 風岡コーチが考える、理想的な打球との距離の詰め方はありますか?
風岡コーチ 肩幅を保ったまま動くのではなく、体の内側に足を踏み出しながら動けることですね。肩幅のままですとスタンスが広くなってしまい上半身がバラけてしまいますので、捕球も難しければ距離も詰められません。
 逆に体の内側に足を踏み出すことが出来れば、体の内側に力が自然と集約されますし、自然と手も出せます。

——— 実際にはどういった足の運び方が風岡コーチにとって理想なんでしょうか。
風岡コーチ 簡単に言うと、最初は大股で距離を詰めて最後は小股にする。とにかく打球が来たら流れるように動くことですね。
 ウチの選手たちに「捕ったら歩いてから投げろ」と言っています。これで動作1つ1つ速くなるから速く見えるだけで、これが一番無駄のない動きですね。

——— 距離を詰めてからですが、捕球からステップするまでの動き方について教えてください
風岡コーチ グラブは、「前ならえ」をした状態で見える位置に出すこと。そこからステップする時は、捕球したところに足を運んであげれば自然と足を入れ替えることが出来るので、ステップができます。

【次のページ】 強いバウンドに対しての捕球の仕方は?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第15回 プロの舞台では高い打撃技術に対応する捕球技術と練習法が必須!風岡尚幸コーチが語る「捕球メソッド」【中編】【先輩から学べ】
第31回 オリックス一軍投手コーチ・平井正史コーチに訊く。スタンダードな投手練習法に質を高める考え方【先輩から学べ】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第10回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【オリックスバファローズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第10回 オリックス2軍打撃コーチ 古屋英夫さん 【2008年インタビュー】
第5回 オリックスバッファローズ 近藤一樹 選手 【2007年インタビュー】

プロフィール

風岡尚幸1軍内野守備・走塁コーチ
風岡尚幸
  • 中部大春日丘出身
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム