第27回 イチローから学べる「自分の役割」を見出し術2016年09月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]メジャー現役最年長42歳から学べること
[2]新しい役割に苦しみながらも見出した術
[3]スターから、スーパーサブに変身できた理由

メジャー現役最年長42歳から学べること

 8月7日に3000本安打達成以降も、2016年のイチローの記録ラッシュはまだ続いている。29日のニューヨークでのメッツ戦では2安打を放って通算3011安打とし、ウェイド・ボッグスを抜いてメジャー歴代27位に浮上した。

「(ボッグスは)僕が(アメリカに)来た時はもうコーチだったでしょ、タンパで。選手としての記憶はないですねえ。名前のインパクトはもちろんありますが。練習では僕みたいにぽんぽんホームランを打てるというのを聞いたことありますがね。そういう意味で(自分と)似ているタイプ、という認識が少しありますが・・・・・・」

 この日の試合後、ボッグスについて聞かれてもイチローはことも無げにそう語っていた。しかし、このボッグスは現役時代は“安打製造機”と呼ばれ、首位打者を5度も獲得した大変な名選手である。ここに来て、当然のことだが、イチローの引き合いに出される名前も球史に残るビッグネームばかりになっている。

 今年中に26位のラファエル・パルメイロ(3020本)、25位のルー・ブロック(3023本)までは捉えられるだろう。予想通りにマーリンズが来季のチームオプションを行使するとすれば、2017年中にロッド・カルー(24位、3053本)、リッキー・ヘンダーソン(23位、3055本)、クレイグ・ビジオ(22位、3060本)といった名選手たちを抜き去るのが楽しみになる。

 また、この日には今季10盗塁目も記録し、これで16年連続2桁盗塁を達成。ヘンダーソン、オマー・ビスケル、ホーレス・ワグナーに続き、42歳以上で二桁盗塁を成功させた史上4人目のメジャーリーガーにもなっている。

 印象的なのは、今季のイチローはシーズンを通じて次々と変わる役割をこなしながら活躍を続けていることだ。ジャンカルロ・スタントン、マルセル・オズーナ、クリスチャン・イエリッチという3人の若手外野手がいるマーリンズ内で、もともと第4の外野手としてスタート。故障者が出たとき、誰かを休ませたいとき、あるいはア・リーグの球場での交流戦で指名打者制度があるときなどはスタメンで出場してきた。

 メジャー現役最年長42歳の外野手は、いわゆるユーティリティ(便利屋)の立場。そんなはっきりしない役割ながら、オールスターブレイク突入時点でチーム最高の.335の高打率をマークした。3000本達成時前の不振でやや成績は落ちたが、それでも打率.317とハイレベルの数字を残していた。

このページのトップへ

【次のページ】 新しい役割に苦しみながらも見出した術

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第30回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【前編】(1950年代~1990年代前半)【高校野球ヒストリー】
第856回 夢への一歩は努力から!ミッチ・ハニガー選手(シアトル・マリナーズ)が語る基礎の大切さ! 【2018年インタビュー】
第819回 エースとしての自覚を胸に勝てる投手を目指す!報徳学園エース林直人 【2018年インタビュー】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
愛工大名電vs白山【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
愛工大名電vs享栄【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権西愛知大会】
愛工大名電vs星城【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権西愛知大会】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第641回 オリックス・バファローズ・山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【前編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
中京大中京vs愛工大名電【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
愛工大名電 【高校別データ】

プロフィール

杉浦大介
杉浦 大介
  • ■ 東京都生まれ。
  • ■ 日本で大学卒業と同時に渡米し、ニューヨークでフリーライターに。現在はMLB、NBA、ボクシングなどを題材に執筆活動中。『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボール・マガジン』『ボクシングマガジン』『スポーツナビ』『日本経済新聞・電子版』など、雑誌やホームページに寄稿している。2014年10月20日に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)を上梓。Twitterは (http://twitter.com/daisukesugiura
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム