第25回 東海大北海道【前編】限られた時間の中で才能を開花させたドラフト候補・水野滉也2016年08月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
東海大北海道

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]ドラフト候補・水野滉也投手を成長させたトレーニング法
[2]水野投手が実践するウエイトトレーニング法・ポイントを紹介!

 他人と同じことをしていては、レギュラーは奪えない。みんなと同じチーム練習だけをやっていたのでは、自分のレベルアップも図れない。そこで重要になってくるのが個人練習。自らの弱点を補い、長所を伸ばすための個人練習の質と量が、そのカギを握る。

 東海大北海道では、準硬式野球部、東海大札幌高とグラウンドを共有しているため、練習時間の制約があるにもかかわらず、今春の全日本大学選手権ではベスト8入り。選手たちが限られた時間をいかに有効利用しているのかを投手の2本柱である水野 滉也(4年・札幌日大)、山根 大幸(4年・花巻東)、さらには1年から4番を任されてきた伊藤 諄(4年・東海大四)の3人に聞いてみた。

ドラフト候補・水野滉也投手を成長させたトレーニング法

水野 滉也選手(東海大北海道)

≪水野 滉也≫

 東海大北海道のシーズン中の主な1週間の練習の流れは、高校と時間を調整しながら月、火曜日のいずれかにオフを入れ、水曜日は午前8時30分から12時、木曜日が午後6時から午後8時30分、金曜日は午後4時から8時30分までがグラウンドを使用できる時間となる。土、日曜日は自校のグラウンドか、相手の方に出向いてのオープン戦が組まれることが多い。そんな限られた練習時間の中で、水野は1年春からマウンドに立ち、いきなり3勝(1敗)をマークして新人賞に輝いた。

 その後も順調に成長していったが、3年になってスランプに陥った。「はっきり言って1、2年の頃は練習していませんでしたね。ただ、決められたメニューをこなしていくだけでした」というツケが球速、コントロール、変化球のキレなどすべてに現れた。

 3年春のリーグ戦では、先発わずか1試合。チームに連れて行ってもらった大学選手権では、2回戦の早大戦に先発したが、2回0/3、5安打2四球2失点でKOされ、チームは0対12で5回コールド負けを喫した。「マウンドに立ってみないと、調子がどうなのか分からない状態でした。さすがにこのままじゃダメだと…」と、取り組み始めたのがウエイトトレーニング。ただやみくもに筋力をつけるのではなく、自分の体を思い通りに動かすために、1つひとつのトレーニングの意味をしっかりと理解した上で、ブレない体幹を目指し鍛え上げてきた。

このページのトップへ

【次のページ】 水野投手が実践するウエイトトレーニング法・ポイントを紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1135回 すべての過程をプラスにして。社会人屈指のホームランアーチスト・今川優馬が辿りついた打撃の答え【後編】 【2020年インタビュー】
第1134回 JFE東日本のスラッガー・今川優馬が語る打撃理論はシンプルでも具体的だった! 【2020年インタビュー】
第1092回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1 【2020年インタビュー】
白樺学園vs札幌日大【北海道 2019年秋の大会 第72回秋季北海道高等学校野球大会】
札幌日大vs帯広農【北海道 2019年秋の大会 第72回秋季北海道高等学校野球大会】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
札幌日大 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】

プロフィール

京田 剛
京田 剛
  • ■生年月日 1967年5月16日
  • ■出身地 大阪府
  • ■経歴 奈良県立郡山高校―龍谷大学
  • ■小2から野球を始め、高校時代は捕手。大学では4年間マネジャーで、4年の時は関西六大学野球連盟学生委員長。
  • ■大学卒業後は報知新聞大阪本社でプロ野球、アマ野球を中心に取材。2004年からは大阪学院大学で2年間、硬式野球部の監督を務める。その後は北海道の道新スポーツで約5年、野球を取材。
  • ■2015年にはり師、きゅう師免許を取得し、現在は「スポーツ鍼灸 はり悟空」を経営。鍼灸師としてスポーツ選手を中心に治療に従事する傍ら、スポーツライターとして執筆活動もしている。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム