技術ノート

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 「走塁&ランニング」 コーディネーション2011年08月26日

 自分の身体を思いのままにコントロールする能力のことを“コーディネーション”といいます。「運動神経がいい」とか「あいつは器用だ」といった選手は、コーディネーション能力が長けているというわけです。そこで今回は、身体をうまくコントロールするドリルのなかから、スキップとバウンディングを紹介します。
 あまり野球選手には馴染みのない練習かもしれませんが、陸上選手などは基本的なドリルとして行っています。足を速くしたい、ムダのない動きをしたい、という選手にはぴったりの練習です。本編には他にも様々なメニューが収録されています。ぜひ、あわせてご覧ください。


DVD収録データ
『“打つ・投げる・走る”を意識した「野球体操」』
指導:佐藤和也 (新潟明訓高校)

ジャパンライムドットコムショップページURL
http://bb-nippon.com/shop/dvd-jl/

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第929回 中越、日本文理に割って入るチームは現れるか?過去のデータを紹介!【大会展望・総括コラム】
第18回 糸魚川(新潟)「『春季大会ベスト8』の結果に満足せずに糸魚川から甲子園へ」【僕らの熱い夏2019】
第519回 人間としてのバランス、全員力、一人の個性を大事に!目白研心(東京)【野球部訪問】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
東京学館新潟vs新潟明訓【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
北越vs新潟明訓【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
新潟明訓vs中越【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
新潟明訓vs加茂暁星【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
日本文理vs新潟明訓【新潟県 2017年春の大会 第136回春季新潟県大会】
新潟明訓 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム