技術ノート

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第5回 「走塁&ランニング」 ジク(軸)ドリル2011年08月19日

 陸上界を席巻(せっけん)している新理論「ビートランニング」。音楽に乗せていろいろなドリルを行うことで、自然と走りが変わってくる、足が速くなるという理論です。
 ビートランニング最大のポイントは“タメ”をコントロールするという点です。特定の身体の部位を意識することなく、動きのなかで自らコツをつかむことができるのです。走りが変わるのはもちろん、野球の動きにも好影響があるはず。これまでの野球界にはなかった、新しい考え方には驚きを覚えるはずです!


DVD収録データ
No.648『BEAT RUNNING DVD
指導:棟方拓也 (東京都陸上競技協会強化委員)

ジャパンライムドットコムショップページURL
http://bb-nippon.com/shop/dvd-jl/

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第3回 「重いものをラクに運ぶ」にはどうすればいい?【GRAND SLAMを読んで、目指せ!究極の「美」プレイ!】
第2回 もっと速く走るにはどうすればいい?【GRAND SLAMを読んで、目指せ!究極の「美」プレイ!】
第11回 走り方【保田貴史の「年間トレーニング計画」】
第6回 「走塁&ランニング」 コーディネーション【技術ノート 走塁編】
第3回 「走塁&ランニング」 塁間マネジメント~盗塁を制する~【技術ノート 走塁編】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム