技術ノート

「走塁&ランニング」 塁間マネジメント~盗塁を制する~2011年08月05日

初めに

 バッティングや守備と比べると練習時間が短い走塁練習ですが、特に近年の高校野球では走塁の重要性が叫ばれています。チャンスの拡大、1点を奪う、流れを変える、走塁にはいろいろな力があります。ここを伸ばすか否かで、チームの勝利やレギュラー獲得も左右してくるのです。
 そこで今月は、走ることに特化し、4本のタイトルを紹介します。前半の2本は一塁ランナーの技術である、スタートや帰塁について。後半は走りそのものを解説しています。ここではすべての要素を紹介できませんが、まずは走塁への意識を高めることが大切です。走りは打撃や投球にも影響してきますので、正しい知識を身につけて練習に取り組んでいきましょう。

 高校野球情報.comでもおなじみ、安福一貴トレーナーによる、映像版『塁間マネジメント』です。DVDに収録されているなかでも、特に反響の多い「盗塁」に関する技術・考え方を紹介します。
 盗塁をするというのはどういうことなのか、よりロスのないスタートの切り方とはどういうものか、ということを中心に解説しています。走るという行為のスペシャリストならではの、これまでにはない切り口にはたくさんのヒントが詰まっています!


DVD収録データ
No.621『安福一貴の「新・ベースボールランニング
指導:安福一貴 (プロフェッショナルトレーナー)

ジャパンライムドットコムショップページURL
http://bb-nippon.com/shop/dvd-jl/

このページのトップへ