第7回 さあ、君もいよいよ高校球児だ!グラブの人気傾向2014年04月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ミズノが不動の人気!
[2]選び方のポイントは?

 これから高校野球を始める球児にとって、気になるのがグラブやスパイクなどの野球用具だ。中でも、グラブは守備において重要な武器の一つだが、ポジション別に違っていたり、メーカーが複数あったりと、選ぶのが難しい一面もある。
 野球用品専門店として、全国の高校球児から支持されている「ベースマン」の飯田橋本店で、野球用具選びのプロ池北晃明さんに、グラブの売れ筋傾向や選び方のポイントを教えてもらった。

ミズノが不動の人気!

 池北さんによると、さまざまなメーカーのグラブがある中で、不動の人気を誇るのがミズノの製品だ。
 ベースマンのグラブの売れ筋をみると、「ミズノプロ」シリーズが1位、同じくミズノの「グローバルエリート」が2位と、ミズノ製品が上位を占める。なぜそこまで人気なのか?

 まず、1位のミズノプロの特徴としては、「使用している革の良さ」が挙げられるという。
「作る工程はどのグラブでも同じ。ただ、ミズノプロはいい革を使っているので、手にはめた時、しっくりくる」
と池北さん。さらに「ミズノプロのグラブは高校生にとって、あこがれのグラブ」とも。価格に関係なく、そのブランド力が新入生からの高い支持にもつながっているようだ。

 2位のグローバルエリートは、ミズノプロよりも、高校生向けのグラブだという。池北さんは、
「グローバルエリートは少し小さめで、軽量で使いやすい商品です。即戦力として使用できるのも大きな魅力です」
と話してくれた。

 ミズノの人気ぶりについて、
「この世界に入って32年だけど、ミズノのシェアはずっと高いまま。グラブはミズノを買っていれば間違いない、というイメージがある」
 と池北さん。グラブを購入する高校生の半分以上がミズノを選ぶという。

 3位以下にはミズノ以外の製品も。売れ筋の3位は「ウィルソン」。
「強度よりも、買ってすぐ使いやすいか、ということに主眼を置いて作られたグラブ」
 とのことで、最近になって台頭してきた。
 4位に「ゼット」、5位に「アシックス」が続く。池北さんによると、この2ブランドは、いずれも「軽さ」が特徴だ。

このページのトップへ

【次のページ】 選び方のポイントは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1046回 ミズノプロに並ぶ、2大ブランドとなる宿命を背負うグローバルエリート 【2019年インタビュー】
第1045回 野球界の進化に比例してミズノプロも進化を続ける 須藤竜史さん 【2019年インタビュー】
第1038回 「自分の手のようにグラブを動かしたい」イチローのニーズは全プレイヤーのニーズ 柳舘宗春さん  【2019年インタビュー】
第1033回 3Dから4Dテクノロジーへ。進化を遂げたミズノプロ 寺下正記次長 【2019年インタビュー】
第1033回 3Dテクノロジーの先駆けとなったミズノプロ グラブが誕生するまで 久保田憲史執行役員 【2019年インタビュー】
第136回 球児が実践する、グローブ磨きの極意は!?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第75回 野球用品専門店のスタッフに聞いた!グラブの寿命が長くなるメンテナンス方法【野球総合研究所】
第71回 野球用品専門店に聞く!2016年度の野球用具売れ筋ランキングは?【野球総合研究所】
第69回 春の選抜大会から見る野球用具トレンド調査 2016年度版【野球総合研究所】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム