内海投手の専属トレーナーが伝授!体を大きくする方法2011年11月15日

目次

【目次】
内海投手が体を大きくした理由
オフシーズンの間に内海投手が重視したポイント
実際に実施したトレーニングの一例

内海投手が体を大きくした理由

【出力を上げることとそれに耐えられる体を作ること】

 速いボールを投げるということは大きな力がボールに伝わるということです。大きな力を出すには効率よい動きで力のロスをなくす、自分自身が持っている出力(筋肉や身体の動きから出る元々持っている力)を上げること、そして出力に耐えうる身体が必要になってきます。

 内海哲也選手はオフの課題として「球速を上げること」をテーマの一つとしておいていました。そのため、体力強化に重点をおくオフシーズンの期間を使い、「身体を大きくすること」も同時に取り組みました。結果、まだまだ途中ですが、前よりスピードが上がりました。 

 球速を上げるために、なぜ身体を大きくするのかには意味があります。

 力は筋肉が太いほうが大きな力を生みます。太くすれば出力が上がります。しかしそれだけではダメで出力が上がりすぎるとブレーキをかける筋肉(身体後面)、つまり身体が出力に耐えうる力がないと身体がつぶれてしまいます。人間の動きには、防衛反応があるので力が出切らないのです。
 しかし、「身体だけは大きいねんけどな」という選手はいませんか?これは力を出すのにロスがあるということです。

 それでは、プロの世界でも活躍していた内海投手が、どうして「さらに身体を大きくしよう」というテーマにたどりついたかを紹介していきます。

 オフシーズンを前に、内海投手とその年のピッチングについて話し合った結果、ストレートのスピードとキレをアップさせる課題が浮かんできました。その為に、まずフォームを見直しました。力がきちんと出ているか?力を出すのに無駄はないか?をチェックしていったのです。