保田貴史の「年間トレーニング計画」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第9回 ラントレについて2011年10月29日

【目次】
種目特性
特徴・球速アップの要因・計画
高校生のラントレで考えること

特徴

このように距離で走る種目を分類するとこのようになります。

工夫次第で、心技体のあらゆるトレーニングすることができる走り込みは

心 しんどい状況を作り出し踏ん張る心

技 軸を確認することや力の出し方・身体の動かし方などをトレーニングできる

体 心肺機能を上げることができたり大きな出力に耐えうる身体作りができる

それぞれに特徴があり、それをどのような目的でどうしたいからという風に順序立てて選択し組み合わせていかないといけません。
ただ長距離ばかり、走ってもそのチームに適しているかはわかりません。

球速アップの要因

このようなフレーズを聞いたことはないでしょうか。
「冬場の走り込みのお陰で球速が上がった」

これから考えられることの一つに、効率よくパワーを出せるようになったということが言えると思います。
以前から少し話しているパワーを効率よく出すという動きが走ることによってできているからだと思います。
沢山の数や時間、距離をこなすと非常にしんどくなってきます。そこで人は、走り方に無駄な動きをなくすようになり、パワーのロスがなくなり軸の乱れや足の蹴り方で蛇行していた力の向きを走る方向に向けていきます。そのことによって、より力が伝わり速く走ることができ、さらに疲れにくく走れるようになり、もっと多く走ることができるようになるのです。

あくまで要因の一つですが、軸・重心・力の向きが整うから球速が上がるのではと考えます。

計画

そこでラントレーニングを計画する上で考えることは

●効率よくパワーを出せている動きができているか走りをみる

●それを学習するために短距離で反復する

●本数を増やしていき、その学習で本数が増えてもできているかみる

●距離や時間・種目を変えてもその学習ができているかみる

身体の動きができている状態を学習し、それを崩す状況を作り、それでもできるようにする。といった流れでトレーニングしています。

【次のページ】 ラントレについて(3)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第218回 投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン【セルフコンディショニングのススメ】
第613回 「ストップ・ザ・作新」に向けた佐野日大のマインドセットに迫る【後編】【野球部訪問】
第190回 ランニングに伴う踵の痛みとその予防策【セルフコンディショニングのススメ】
第183回 冬のランニングプログラムの考え方【セルフコンディショニングのススメ】
第172回 試合期に行うショートスプリント【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

保田貴史(ベースボールトレーナー)
  • 生年月日:1982年生まれ
  • 大学まで野球をし専門学校で基礎を習得その後大学や治療院で勤務し技術を磨いたのち現在に至る。
  • プロの選手からアマチュアの選手を指導していること野球以外の指導もしていることや自分自身がレギュラー・控え選手、裏方にコーチをした経験値を生かしトレーニング指導にあたる。
  • 形にとらわれるのではなく「トレーニング=練習」になるように動作改善・身体改善に取り組んでいます。
    見た目だけでなく内容・意味そして心を大切にし日々驀進中トレーナーです。
  • 現在、株式会社ティーエスワールド所属 内海哲也投手のパーソナルトレーナーとして活躍。WBCにも帯同。
    他、高校硬式野球部や実業団ソフトボール、大学・企業アメフトチームのトレーニング指導にあたる。。
  • トレーニングルームOPEN!
    Frextory  フレクトリー」 
    何卒よろしくお願い致します。
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

保田貴史の「年間トレーニング計画」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム