久保田正一本気の心技体

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第4回 私の目的2011年06月10日

夏までもう一ヶ月?あと一ヶ月?

 もう早いもので6月です。高校3年生は残り僅かな高校野球生活となりました。最後の夏開幕まであと1ヶ月…この期間をどう捉えるのか?『もう1ヶ月しかないな…』と捉えるのか、『まだ1ヶ月あるな…』と捉えるのか。これはどちらが良い悪いということではありません。各々の選手状況で違うでしょうし、または自分自身でもしなければならないことで捉え方は変えた方がいい場合があります。

 今自分が取り組んでいること各々は、どのような捕らえ方をしたが良さそうですか?自分を負い込んだ方がいいのか?それとも余裕を持たせた方がいいのか?しっかり考えてみて下さい!!!

 さて先月は『目的設定』の話をさえて頂きました。たくさんの方々から連絡頂き、非常に嬉しく思っております。やはり『目標設定』はされていますが、『目的設定』はされていない方が多いのですよね。

 これを機会に是非『何のために!』その目標を達成しようとしているのか、『目的設定』を行なって下さい!!!

 今回は私自身の『目的』をご紹介させて頂きます。自己紹介のような形にもなりますが、私のことを皆さんによく知って頂ける機会にもなるかと思い、紹介させて頂きます。

 私は昭和51年に福岡県久留米市に生まれたのですが、(父方の)祖父、祖母、父、母、姉(6歳年上)の6人家族でした。まず私が野球を始めたきっかけですが、私は物心ついたときには野球をやっていたのです。気がつけばバットとボールとグローブを常に持っていました。それはなぜかと言うと、私の祖父は地元の少年ソフトボールの監督で、グラウンドは実家のすぐ近くだったため、私が自力で歩く前からそのグラウンドに連れて行かれていたのです。常に野球が行われている環境で育ったのです。祖父はソフトボールのみならず、駅伝、相撲など、地元の青少年育成のために活動していた方で、町の体育協会から表彰されるなど、子供たちに対して常に何ができるか考えていた方でした。

 私が野球を始めると、小学校時代は監督なのでもちろんですが、中学(軟式)、高校と続けた野球も暇があれば必ずと言っていいほど練習試合や公式戦を見に来ていました。私が野球をする姿をみるのが生き甲斐だったのでしょう。これは間違いありません。なぜ間違いなかったかと言うことが、後々分かることになります…

【次のページ】 私の目的(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第10回 重心移動~下半身編~(2)【本気の心・技・体】
第3回 目的設定していますか?【本気の心・技・体】

プロフィール

久保田 正一先生
久保田 正一先生
  • 生年月日:1976年(S51)11月17日生
  • 出身地:福岡県久留米市
  • 高校まで野球を続け、大学でも継続予定だったが訳あり断念…当時桑田投手(巨人)が理学療法士(PT)からリハビリを受けていたとの記事を見て、PTの養成校へ1996年入学。
  • 2000年卒業後、きっかけとなった巨人のPT、神谷氏の研修会に参加。野球に携わる気持ちが強くなり、高校野球のトレーナー活動を開始。甲子園大会のメディカルサポートにも参加。
  • 2004年少年野球のメディカルサポート、ストレッチセミナーなどを開催。
  • 2006年Creative-Sportsを立ち上げ、プロ野球選手のサポート、コンディショニングルーム『ベースボールステーション』開設、スローイングクリニック、バッティングクリニック、フィールディングクリニック、心精塾(メンタル)、ストレッチ塾、スポーツビジョンクリニックなどのセミナーを開催。
    セミナー受講者は述べ、1000名を超える。
  • 2010年に甲子園出場した佐賀学園のエース峰下 智弘選手のサポートを1年秋から行い、甲子園2勝を陰で支える。
  • 専門は投球動作指導、理学療法士として解剖学、運動学的な見解から投球フォームを分析し、肩・肘に負担のかからないフォームはもちろんのこと、パフォーマンスアップに繋がるフォーム指導を行っている。
    またメンタル指導も行っており、『目的設定』を重要視し、駒大苫小牧2連覇陰の立役者遠藤友彦氏(エントモさん)を師と仰ぎ、日々学び続けている。
  • 学会発表
    福岡県理学療法士学術大会2001
    福岡県理学療法士学術大会2004
    九州PT・OT合同学会2007
    肩の運動機能研究会2010
  • 久保田正一氏のメルマガ、空メールを送付すると登録できます!
    『野球肩肘撲滅!!!熱烈野球愛!!!』 M0092355@r.mini.mag2.com

本気の心技体~久保田正一~
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム