印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第15回 【最終回】数値と感覚2012年01月20日

 皆さんこんにちは。トレーナーの田口です。これまで、ご愛読いただきました『動きの基本』も、今回で最終回を迎えることになりました。当コラムをお読みいただけた方が少しでも上達し、少しでも新しい感覚を身に付けてレベルアップして頂けたのであれば非常に嬉しく思います。今後はまた違った観点から観たコラムをお送りしていきますので今後も愛読いただければ幸いです。

 さて、最終回のコラムは『数値と感覚』にということついて私なりの見解を述べさせていただきます。

数値で表せることには限界がある

“『数値』として表せることと、表せないこと”

 現代社会では、様々な文明の利器の発達によって多くのものが科学的に解明されてきています。スピードガンや筋力、そしてスポーツバイオメカにクスなどほとんどの物が明確な『数値』として表されるようになりました。しかし、その反面『感覚』というものは『数値』の発達によってあまり肯定されないという状況も出てきています。

 以前このような話を聞いたことがあります。

 「某スポーツで日本代表のチームとヨーロッパ代表チームのフィジカルチェックを行ったときにほとんど差がない結果が出た。しかし実際に試合をしてみると圧倒的な差がある」

 『数値』として表せることには限界があると思っています。『数値』ばかりに意識が向いてパフォーマンスが落ちた選手も見てきました。私がお伝えしてきた『動き』というものは、ほとんど『数値』にすることが出来ません。(傍からみると、ほとんど違いがわからない様なものだからです)
 『感覚』というものは、ほとんどやっている本人にしか分からず指導している私まで、全く見分けがつかないものもあります。

 私は、『数値』というものはあくまで結果だと思っています。『数値』を求めるためにトレーニングを行うのではなく、いいトレーニングを行った結果が『数値』として表れると思っています。

 誤解してほしくないのは『数値』を否定しているわけではないということです。私自身も数値を参考にすることはもちろんあります。ただ『数値』というものを過信しすぎないようにし、自分の『感覚』を大切にして欲しいと思います。

 今回は『動きの基本』の最終回ということでいろいろ述べさせていただきましたが、当コラムの内容も、お読みいただいている皆様の『感覚』で判断していただければと思います。一年間ありがとうございました。

(文=田口 亮

質問&応援メッセージはこちら

ドットコム特別企画!動作解析を無料カウンセリング!(アドバイストレーナー/田口亮)

 あなたの知りたいこと、気になることなど質問と一緒に、ピッチング、スローイングのプレー映像を以下のアドレスまで送っていただければ無料で1回アドバイスをメールでさせていただきます。プレー映像は、必ず前・横・後ろからの3方向からの撮影をお願いします。

(例)ピッチャーの場合は、キャッチャー方向、サードベース方向、セカンド方向。野手も取ってから投げるときの映像を同じく3方向から撮ってください。先着30名様まで受付中!※お名前・学年・ポジション・返信用メールアドレスも忘れずに!

カウンセリング用の映像の送り先⇒hensyu@hb-nippon.com

映像のサイズが重い場合は、「宅ふぁいる便」などのファイル送信向けサイトをご利用ください。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

コメントを投稿する

プロフィール

田口 亮
田口 亮さん
  • 高校野球を引退後、野球のトレーニングを独学で学びチーム・個人の指導にあたる。
    既存のトレーニング指導だけにはとどまらず動作改善のトレーニングを得意とする。
    『なぜそのようなフォームなのか』『どのようにしたら効率よく力が発揮できるのか』ということを念頭において指導に当たる。
    高校、中学などのチーム指導も担当している。
    また多くのプレイヤーのマンツーマン指導も行っている。

    【トレーニング内容、指導申し込みはこちらのHPから!】
    Baseball Conditioning Support

田口 亮の動きの基本
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム