印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第13回 骨盤と背骨2011年11月20日

 みなさんこんにちは!トレーナーの田口です。
もう秋の大会も終わり、オープン戦も終盤に差し掛かるなど、いよいよオフシーズンに入ろうとしています。
秋に悔しい思いをしたチームも多いと思いますが、この一冬で来年の夏の結果に大きな差が出てしまうので、一日一日を大切に取り組んでいきましょう。

 さて、本日のコラムでは『骨盤と背骨』について触れたいと思います。

骨盤には大きく分けて2つの動きがある

【骨盤を前傾させると背骨が伸び、胸が張れるように】

 皆さん、骨盤という骨の場所はすでにおわかりだと思いますが(正確には骨盤という骨は存在しません。正式名称は寛骨といいます)、この骨盤には大きく分けて2つの動きがあります。

1.前傾
2.後傾

この2つを簡単に説明すると、前傾とは骨盤をそらせること、後傾とは後ろに倒すことです。
骨盤を前傾させると背骨が伸び、胸が張れるようになります。骨盤が後傾すると背中が丸まってしまいます。
骨盤は背骨と繋がっていますので、骨盤の動きが背骨の動きを決めるといってもいいでしょう。

猫背の選手などは、矯正ストレッチなどをしても、骨盤の位置が正しい位置に来ていなければ猫背が改善することはありません。(猫背の方は骨盤が後傾しているケースがほとんどです)

そして猫背になると
①肩甲骨が外転(外に開くこと)をしてしまい。
②前肩になり肩関節の可動域が狭くなります。
③するとテイクバック時に方に負担がかかり痛めやすくなる。

という悪循環にも陥ってしまいます。

逆に骨盤が前傾しすぎてしまっている選手は
①腰椎(背骨の腰の部分)が過度に反ってしまう。
②その結果すべり症や筋膜性腰痛などになってしまう。

などの循環になります。

【次のページ】 骨盤と背骨(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第162回 『骨盤を立てる感覚』とは一体どんな感覚なの?身に付けるためのトレーニング法は?【セルフコンディショニングのススメ】
第15回 トレーニング前にやっておきたいストレッチ 前編【技術ノート トレーニング編】
第14回 トレーニングの組み立て方【技術ノート トレーニング編】
第13回 重心移動~下半身編~(5)【本気の心・技・体】
第12回 重心移動~下半身編~(4)【本気の心・技・体】

コメントを投稿する

プロフィール

田口 亮
田口 亮さん
  • 高校野球を引退後、野球のトレーニングを独学で学びチーム・個人の指導にあたる。
    既存のトレーニング指導だけにはとどまらず動作改善のトレーニングを得意とする。
    『なぜそのようなフォームなのか』『どのようにしたら効率よく力が発揮できるのか』ということを念頭において指導に当たる。
    高校、中学などのチーム指導も担当している。
    また多くのプレイヤーのマンツーマン指導も行っている。

    【トレーニング内容、指導申し込みはこちらのHPから!】
    Baseball Conditioning Support

田口 亮の動きの基本
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム