印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第12回 グラブはどう使う?2011年10月20日

 こんにちは。トレーナーの田口です。ほとんどの選手は、秋の大会が終わり、すでに来年の春に向けて動き出していることと思います。一日一日の練習で春に花開くかが決まってきますので精いっぱい頑張って取り組んで下さい。

 では、本日はタイトルにもある通り『グラブの使い方』について私なりの意見を述べさせていただきたいと思います。

グラブの使い方

【グラブの使い方】

 過去に皆さんはスローイング時にグラブの使い方についてどのような指導を受けてきたでしょうか?

 今まで私が指導者の方から聞いた話ですと大きく分けて3つのパターンがあります。

①リリースの瞬間にグラブを引く
②リリースの瞬間にグラブを胸の前に持ってくる
③リリースの瞬間に下に振り下ろす

この3つが指導者の方が選手に伝えていることが多いパターンです。(もちろんこれ以外にもありますが)

しかし、この3つの方法ですと身体の仕組みを使い切ることができないと私は考えています。

 まず①と②ですがこの2つはリリースの瞬間にグラブを『引く』動きになります。
第9回のコラムでもお話ししましたが、グラブを『引く』動作ですと脊柱を中心に回転動作が生まれてしまいます。
右投げの場合、身体を真上から見た場合にリリースの瞬間は右手が反時計回り、左手も反時計回りになり、完全な脊柱を中心とした回転ができてしまいます。
次は③ですが、これも①と②に近くどちらかというと『引く』という動作に近くなります

【次のページ】 グラブはどう使う?(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1046回 ミズノプロに並ぶ、2大ブランドとなる宿命を背負うグローバルエリート 【2019年インタビュー】
第1045回 野球界の進化に比例してミズノプロも進化を続ける 須藤竜史さん 【2019年インタビュー】
第1038回 「自分の手のようにグラブを動かしたい」イチローのニーズは全プレイヤーのニーズ 柳舘宗春さん  【2019年インタビュー】
第1033回 3Dから4Dテクノロジーへ。進化を遂げたミズノプロ 寺下正記次長 【2019年インタビュー】
第1033回 3Dテクノロジーの先駆けとなったミズノプロ グラブが誕生するまで 久保田憲史執行役員 【2019年インタビュー】
第75回 野球用品専門店のスタッフに聞いた!グラブの寿命が長くなるメンテナンス方法【野球総合研究所】
第71回 野球用品専門店に聞く!2016年度の野球用具売れ筋ランキングは?【野球総合研究所】
第69回 春の選抜大会から見る野球用具トレンド調査 2016年度版【野球総合研究所】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
第18回 選抜高校野球大会からみる最新野球用具トレンド【野球総合研究所】

コメントを投稿する

プロフィール

田口 亮
田口 亮さん
  • 高校野球を引退後、野球のトレーニングを独学で学びチーム・個人の指導にあたる。
    既存のトレーニング指導だけにはとどまらず動作改善のトレーニングを得意とする。
    『なぜそのようなフォームなのか』『どのようにしたら効率よく力が発揮できるのか』ということを念頭において指導に当たる。
    高校、中学などのチーム指導も担当している。
    また多くのプレイヤーのマンツーマン指導も行っている。

    【トレーニング内容、指導申し込みはこちらのHPから!】
    Baseball Conditioning Support

田口 亮の動きの基本
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム