印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第11回 目線の傾きについて2011年09月20日

皆さんこんにちは。トレーナーの田口です。球児の皆さんは秋季大会も始まり選抜に向けての戦いが始まっていると思います。今回のアドバイスで少しでもレベルアップしてチームの勝利に貢献していただければ嬉しく思います。今回のコラムでは『目線の傾き』についてお話しいたします。

普段、直立で立っているとき

皆さんが普段、直立で立っているときにほとんどの方で左右の目が地面に対して平行になっていると思います。(重心が左右のどちらかに偏っている方には若干のずれがありますが)これの状態で日常のほとんどを過ごしていると思います。ということはこの左右の目が平行な時、一番空間認識能力が高いということになります。

目線を平行にすることで

【投球時に目線が傾く場合】

【目線が平行の場合】

試してみてください。まず5~10メートル先にゴミ箱を置いてみてください。
そこに目線を平行にした場合と顔を左(左投げの方は右)にできるだけ傾けた状態でボールを投げてみてください。どちらが正確に投げられたでしょうか?

もう一つはキャッチボールの際になるべく相手のできる限りの速球について、目線が平行の状態と左右に傾けた状態で受けてみてください。どちらが取りやすかったでしょうか?

おそらくどちらも目線が平行の状態だと思います。

目線(顔)を傾けたほうは普段とは違う区間認識能力になるので正確なプレーができにくくなります。

これをふまえて投球時に目線が傾くということはそれだけキャッチャーミットの正確な位置が把握できていないということなので必然的にコントロールも悪くなりやすくなります。

それに加え軸の感覚というものは目線に対して直角にできやすいです。(これに関しては科学的根拠はなく私が指導していて非常に感じるところです)


・投球時に目線が傾く場合は、脊柱のラインに軸を感じやすくなります。(写真1)

・目線が平行の場合は、軸を地面と垂直に感じやすいです。(写真2)

目線が傾いた際は脊柱が軸になるので前のコラムでも書きましたが投球時にスピンして投げてしまうケースが多いです。目線が平行の際はスピンが起こらず前脚股関節を支点に身体が使いやすくなります。

これだけで格段にコントロールがアップすることがあります。
ぜひ皆さん一度試してみてください。

(文=田口 亮

質問&応援メッセージはこちら

ドットコム特別企画!動作解析を無料カウンセリング!(アドバイストレーナー/田口亮)

 あなたの知りたいこと、気になることなど質問と一緒に、ピッチング、スローイングのプレー映像を以下のアドレスまで送っていただければ無料で1回アドバイスをメールでさせていただきます。プレー映像は、必ず前・横・後ろからの3方向からの撮影をお願いします。

(例)ピッチャーの場合は、キャッチャー方向、サードベース方向、セカンド方向。野手も取ってから投げるときの映像を同じく3方向から撮ってください。先着30名様まで受付中!※お名前・学年・ポジション・返信用メールアドレスも忘れずに!

カウンセリング用の映像の送り先⇒hensyu@hb-nippon.com

映像のサイズが重たい場合は、「宅ふぁいる便」などのファイル送信向けサイトをご利用ください。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

コメントを投稿する

プロフィール

田口 亮
田口 亮さん
  • 高校野球を引退後、野球のトレーニングを独学で学びチーム・個人の指導にあたる。
    既存のトレーニング指導だけにはとどまらず動作改善のトレーニングを得意とする。
    『なぜそのようなフォームなのか』『どのようにしたら効率よく力が発揮できるのか』ということを念頭において指導に当たる。
    高校、中学などのチーム指導も担当している。
    また多くのプレイヤーのマンツーマン指導も行っている。

    【トレーニング内容、指導申し込みはこちらのHPから!】
    Baseball Conditioning Support

田口 亮の動きの基本
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム