印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第9回 捻じる?捻じらない?2011年07月20日

 みなさんこんにちは。トレーナーの田口です。梅雨も明け、夏真っただ中、このコラムが掲載されているころには地方予選も終盤に差し掛かっているところでしょう。球児の皆さんには、勝っても負けても悔いの無いよう、全力でプレーができることを期待しています。

 さて、今回のコラムについては、野球のプレー時において身体を捻(ね)じるのか、それとも捻じらずにプレーするのかについて私なりの見解を述べたいと思います。

投球動作

【全力投球できている?】

 まず、皆さんが捻じると聞いて思い出すのが、投球動作とスイング動作だと思います。では、この2つの動作時に身体をどのように使えば、効率よく力を出せて確率も上がってくるのか。

 投球動作に関して述べると、まず、捻じることによって起きることは

①コントロールが定まりにくくなる
②急速が出にくくなる
③全力投球できている感覚が持てる

の3つが挙げられます。

理由として、①に関しては身体を捻じることにより、前回のコラム(第8回『腕はどこから?』)でも述べたように脊柱が支点となり回旋が行われる。それにより支点(脊柱)から末端(ボール)までの距離が短くなることによって小さい円運動になり、少しのリリースポイントのずれが、大きなコントロールのずれになりやすくなります。②では前回のコラムで述べたとおりです。

 ③はあくまで全力投球できている『感じ』がするということであり、全力投球ができていることではありません。力感自体は非常に感じますが、物理的な面から考えても力は出ていません。(詳しくは コラム『力は出せている』をご覧ください。)この捻じる動作にならないようするには、グラブの使い方が非常に重要になります。(グラブの使い方に関しては後のコラムでお伝えします)

 

【次のページ】 捻じる?捻じらない?(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第16回 速い球の投げ方1【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】

コメントを投稿する

プロフィール

田口 亮
田口 亮さん
  • 高校野球を引退後、野球のトレーニングを独学で学びチーム・個人の指導にあたる。
    既存のトレーニング指導だけにはとどまらず動作改善のトレーニングを得意とする。
    『なぜそのようなフォームなのか』『どのようにしたら効率よく力が発揮できるのか』ということを念頭において指導に当たる。
    高校、中学などのチーム指導も担当している。
    また多くのプレイヤーのマンツーマン指導も行っている。

    【トレーニング内容、指導申し込みはこちらのHPから!】
    Baseball Conditioning Support

田口 亮の動きの基本
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム